ベトナムラボ型オフショア開発No.1 株式会社エボラブル アジア アジア最大規模のICTイベント 「Japan ICT Day 2014」登壇

PR TIMES / 2014年11月7日 11時27分

日本語ができるエンジニア人材育成についてのパネルディスカッションを実施 ~2014年10月30日(木) 約700人が参加~



 ベトナムにおけるラボ型オフショア開発事業(WEBシステム及びネットワークシステムの設計、開発、保守・運営)及びオンライン旅行事業を展開する、株式会社 エボラブル アジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、以下エボラブル アジア)の現地法人であるEVOLABLE ASIA Co., Ltd.は、10月30日にベトナムのハノイ市で開催されたITビジネス推進のためのイベント「Japan ICT Day 2014」にて、ベトナムオフショアのリーディングカンパニーとして、代表の薛がパネルディスカッションをいたしました。

 エボラブル アジアは、現在、最大手の日系IT企業として成長を続けており、約400名のエンジニアを雇用しております。先日発表した「Evolable Asia Town構想」として、2018年には1万人の雇用を目指しております。

 本イベントは、ベトナムのIT業界団体であるVietnam Software and IT service Association(VINASA)とOceania Computing Industry Organization(ASOCIO)が主催しており、アジア最大級のICTイベントです。当日は、日本を含むアジアのIT企業幹部やベトナムの政府要人、企業のIT担当者が集まり、アジア各国の発展につながるICT活用策などについて議論いたしました。
 当社のパネルディスカッションでは、数多くの優秀なエンジニアを育成している実績が認められ、当社におけるベトナム人IT人材の採用・育成の取り組みをお話ししました。世界各地域から約700人が参加し、ASOCIOメンバー、日本、ベトナムのビジネスマッチングでは1,000件を超える商談が行われ、大成功に終わりました。

 エボラブル アジアは、ベトナムラボ型オフショア開発のNo.1カンパニーとして、今後もベトナムにおけるオフショア開発市場の拡大のために尽力してまいります。

----------------------------------------------------
「Japan ICT Day 2014」概要
----------------------------------------------------
 日本とベトナムのITビジネス振興を目的に毎年開催されているイベントです。今年のJapan ICT Dayは、ベトナムで開催されたアジア・オセアニアコンピュータ産業機構(ASOCIO)の「ASOCIO ICT summit 2014」の一環として行われ、サミットには韓国やイスラエル、マレーシアなど各国から多数の企業が参加いたしました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング