新製品BDP-105DJP販売のお知らせ

PR TIMES / 2014年2月14日 14時15分

最新のテクノロジーと最高の音質をあなたに



OPPO Digital Japan株式会社(本社:東京都港区)は,BDプレーヤーの新製品「BDP-105DJP」を発売いたします。
なお,初回出荷分につきましてはサポートの関係上,弊社オンラインショッピングサイトでの販売に限定させていただきます。当該サイトでの発売開始は本日,一般販売の時期につきましては,3月中を予定しております。

【 商品企画意図 】
光ディスクはもちろん,多様なファイル再生に対応した万能性と,高性能DAC搭載などの高音質設計を高く評価されたOPPO BDP-105JPは,ベストバイモデルとして好調な販売成績を上げています。しかしながら,AVマニアのお客様からは,次世代モデルでの画質のさらなる向上と,5.6MHzサンプリングのDSDファイル対応*を期待する声が高まっておりました。
この度導入するBDP-105DJPは,105JPのハイクオリティ設計を踏襲しつつ,最新の画像処理技術搭載,5.6MHzDSDファイル対応など,OPPOユニバーサルBlu-rayディスクプレーヤーの集大成として,画質,音質に厳しいマニア層のお客様にご納得頂ける製品に仕上げました。
*USB B端子入力でUSB DAC機能を使用した場合で,DoPプロトコル対応の再生ソフト使用時に限る。

製品名:BDP-105DJP
型番:OPP-BDP105DJP
商品ジャンル:Universal Audiophile 3D Blu-ray Disc Player
希望小売価格:オープン価格(市場予想価格:18万円前後)


【 製品の特長 】
< ビデオ >
* 映像に両眼立体情報を付加するDarbee Visual Presence TMテクノロジーを採用。よりダイナミックで自然な奥行き感をクリアに表現することが可能です。
* アップスケーリング機能により3840x2160の4k信号にアップスケーリングして出力することが可能です。
* DVDアップコンバージョン機能,2D→3D変換機能,True 24fps映像出力機能を搭載。
* デュアルHDMI v1.4a出力により,映像・音声信号を様々な組み合わせで出力することができます。
* アドバンストピクチャーコントロール機能により,輝度,コントラスト,色相,シャープネス,ノイズリダクションの各画質パラメータを細かく調整することが可能です。
* MHL対応HDMI入力を装備。レコーダー製品やHDMI装備のモバイル機器と接続可能です。
< オーディオ >
* Blu-rayディスクオーディオ,SACD/DVD-Audioなど各種ディスクメディアの再生に対応しています。
* DSDデータについて,USB B端子経由での再生/ローカル再生/DSDディスクの再生に対応しています。
* USB B端子にPCを接続し,サンプリング周波数5.6MHzまでのDSDデータの再生に対応しています。* (*DoPプロトコル対応の再生プレーヤーソフト使用時に限ります。)
* ESS Technology社の最高峰DACチップES9018をステレオ専用に使用したXLRバランス出力装備の2chアナログ出力専用基板を搭載しています。
* ES9018をマルチチャンネル専用に使用し、Dolby TrueHD,DTS-HD Master Audio対応の7.1チャンネルアナログ出力専用基板を搭載しています。
* 高画質・高音質を支えるオーディオ専用コンデンサ、堅牢なシャーシ、トロイダルコアトランス内臓のリニアパワーサプライ(100V,日本向け専用設計)を搭載しています。
* 同軸デジタル、光デジタルの各種デジタル入力端子を装備しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング