那須「二期倶楽部」を運営する「二期リゾート」が静岡県沼津市のホテル「千本松・沼津倶楽部」の運営を受託

PR TIMES / 2014年4月18日 11時39分

2014年4月25日より運営を開始

那須高原のスモールラグジュアリーホテル「二期倶楽部」を運営する株式会社二期リゾート(本社:栃木県那須郡那須町、代表取締役:北山ひとみ)は、2014年4月25日、静岡県沼津市にある東海道随一の景勝地、千本松原に隣接するホテル「千本松・沼津倶楽部」の運営を株式会社プロジェクトN(本社:静岡県沼津市)より受託します。



那須高原のスモールラグジュアリーホテル「二期倶楽部」を運営する株式会社二期リゾート(本社:栃木県那須郡那須町、代表取締役:北山ひとみ)は、2014年4月25日、静岡県沼津市にある東海道随一の景勝地、千本松原に隣接するホテル「千本松・沼津倶楽部」の運営を株式会社プロジェクトN(本社:静岡県沼津市)より受託します。

千本松・沼津倶楽部の歴史は1907年(明治40年)、ミツワ石鹸二代目社長・三輪善兵衛が沼津市に建設した近代和風建築の別邸「松岩亭(しょうがんてい)」に始まります。当代随一といわれた江戸幕府小普請方大工棟梁の柏木家十代目・柏木祐三郎の手により、3千坪の庭園「松石園(しょうせきえん)」の中に、全室が茶室となるように設計された数寄屋造りの美しい建物が造られました。

2006年、社団法人沼津倶楽部の依頼を受け、株式会社プロジェクトNが老朽化の進んだ建物を改修するとともに、二期倶楽部本館を設計した故・渡辺明氏によるスパを備えた宿泊棟を増築し、2008年、数寄屋造りのレストランを持つホテル「千本松・沼津倶楽部」が誕生しました。

また、2013年には沼津市内で長らく親しまれてきたフレンチレストラン「VERJUS(ヴェルジュ)」が、沼津倶楽部内に移転オープンしました。これにより、明治末期の貴重な歴史的建造物のなかで、駿河湾の新鮮な魚介類と旬の食材を用いた本格的なフランス料理をお楽しみ頂けるようになりました。

株式会社二期リゾートは1986年、那須高原にリゾートホテル「二期倶楽部」を開業し、「自然との共生」をテーマに日本独自のホスピタリティの本質を追求し続けてきました。4万2千坪の敷地に拡がる豊かな自然環境と、その洗練されたホスピタリティは高い評価を受け、2013年には日本経済新聞「NIKKEIプラス1」の「ホテルで楽しむ優雅な朝食」特集の全国第1位、オーストラリア・ International Traveller誌「Best 100 hotels」に日本から唯一選出されています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング