スパイスボックス、新CI(コーポレートアイデンティティ)を発表

PR TIMES / 2013年10月1日 9時40分



株式会社スパイスボックス(本社:東京都港区、代表取締役社長 田村栄治)は、新CIを本日より導入することをお知らせします。

デジタルの進化に伴い、企業と消費者のコミュニケーションのあり方、企業のマーケティングのあり方は大きく変化しています。次々と新しいデジタルメディアや、デバイス、テクノロジーが登場し、企業のマーケティング活動は複雑化・高度化する一方で、デジタルの力を効果的に活用することで、より質の高いマーケティング施策の実行も可能となっています。

スパイスボックスは、データ・テクノロジー・メディアを活用して顧客創造から顧客価値の最大化までの企業と人々の継続的な「つながり」をデザインする、そのコミュニケーションの設計と実行を「デジタル リレーションシップ デザイン」と定義し、新たな事業ドメインとします。それに伴い、新たなCI(コーポレートアイデンティティ)を策定いたしました。2013年12月に設立10周年を迎えるこの時期に、CIを一新することで、次の10年に向かって、更なる成長を目指します。


コーポレートロゴ


ロゴデザインについて…
スパイスボックスの最大の財産は人であるという考え方から
人を感じさせる柔らかさをもった筆記体をベースとしたロゴデザインとしました。

流れるような筆記体のデザインに、垂直にしっかりと立つ直線のデザイン要素を入れ
激動のデジタル時代において、勢いと強い意志を兼ね備えた姿勢を表現しています。

また、文字と文字の間に単調ではないリズムをつけることで
自由なアイデアを尊重する柔軟さと、人と人とのつながりを大事にする
企業風土を表しています。


ミッションステートメント

わたしたちは、デジタルを軸とする
マーケティングコミュニケーション領域において
データ、テクノロジー、メディアを駆使し、知恵とアイデアによって
企業と人々との継続的で良質な「つながり」を設計し実行する。

その価値ある「つながり」の設計と実行を
「デジタル リレーションシップ デザイン」と定義づけ
わたしたちの事業ドメインとする。

「デジタル リレーションシップ デザイン」を通じて
より多くの企業のマーケティング活動を支援し
「顧客価値」の最大化とビジネスの成長に貢献し
多くの人々の生活が便利で豊かになることを追求し続ける。


■株式会社スパイスボックスについて
デジタル領域のフルサービスを提供するデジタルエージェンシーとして2003年に設立。クライアント企業のマーケティング課題に常にベストなプランニングとエグゼキューションを提供し、顧客創造から顧客価値の最大化までをワンストップで支援します。


【会社概要】
社名 : 株式会社スパイスボックス
設立 : 2003年12月15日
資本金 : 2億7143万円
出資者 : 株式会社博報堂、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 ほか
所在地 : 東京都港区赤坂2-14-27  国際新赤坂ビル 東館15F
代表者 : 田村 栄治
従業員数 : 101人(2013年10月現在)
事業内容 : デジタル領域のマーケティング・広告コミュニケーション事業
URL : http://www.spicebox.co.jp/


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社スパイスボックス 広報担当
担当: 古川 恵子
TEL: 03-3583-5361
E-Mail: pr@spicebox.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング