AOLグループ、ブレインパッドのプライベートDMPとの連携を開始

PR TIMES / 2013年12月17日 14時41分

~顧客データを活用し、優良な広告枠で高度な広告配信を実現~

国内最大規模のプレミアムアドネットワーク事業者であるアドバタイジングドットコム・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役社長:高橋健司、以下アドバタイジングドットコム)は、同社が運営するDSP※1「AdLearn Open Platform※2(以下AOP)」と、株式会社ブレインパッド(本社:東京都港区、代表取締役社長:草野隆史、以下ブレインパッド)が提供するWebプラットフォーム/レコメンドエンジン「Rtoaster(アールトースター)」の広告配信機能である「Rtoaster Ads(アールトースターアズ)」と連携したサービスを、来年1月より提供開始することを発表します。



今回の連携により、「Rtoaster Ads」に蓄積された顧客データを元に、アドバタイジングドットコムが運営するプレミアムアドネットワーク「Advertising.com Network」及び提携パートナーの広告枠で特定のターゲットユーザーに対して広告配信が可能です。ユーザー一人ひとりの趣味・嗜好に応じた広告を優良な広告枠に限定して配信することで、ブランド広告主はブランドセーフティーを確保しながら広告効果の最大化を実現することが可能となります。

■「Rtoaster Ads」と「AdLearn Open Platform」との連携の主な特徴

1.プライベートDMP※3に蓄積した自社データを活用した広告配信
サイト内のユーザー行動、CRMシステム等の顧客情報を活用した「Rtoaster Ads」のプライベートDMP機能によって、Webサイト/メール等の他メディアと連動したきめ細やかなディスプレイ広告を配信することが可能です。またアドバタイジングドットコムが保有する「Look-Alike」機能を活用し、広告配信対象をターゲットユーザーと類似したユーザーに拡張することで、更なるリーチ拡大が可能です。

2.「AdLearn Open Platform(AOP)」を使った広告配信最適化
AOPは、アドバタイジングドットコムのコアテクノロジーである広告配信最適化エンジン「AdLearn(R)」を搭載した広告配信プラットフォームです。広告配信先は、アドバタイジングドットコムが運営するプレミアムアドネットワーク「Advertising.com Network」及び、同社の厳正な審査基準を満たす外部アドエクスチェンジ、SSP等の優良広告枠となり、既存のDSP事業者とは重複が少ない広告枠に最適化配信することで、ターゲットユーザーへのリーチ拡大、購買促進を実現します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング