記帳代行の「メリービズ」と「Any+Times」が、期間限定でセットプランの販売を開始 

PR TIMES / 2014年12月24日 10時43分

1月末までに「メリービズ」をご成約のお客様に日常の雑務や、家事代行に使えるサービスチケット 4,000 円分をプレゼント

会計・経理アウトソースサービス『メリービズ』を提供するメリービズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:工藤博樹、以下「メリービズ社」)と、生活密着型シェアリングエコノミーサービス 「Any+Times(エニタイムズ)」を運営する、株式会社エニタイムズ(東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO 角田 千佳、以下「エニタイムズ」)は、1月末までに『メリービズ』をご成約いただいたお客様を対象に、日常の雑務や家事代行が頼めるサービスチケット 4,000 円分をセットにした、期間限定プランを販売します。    

▼キャンペーンページ    
http://merrybiz.jp/campaign-early-bird-2015/  




会計・経理アウトソースサービス『メリービズ』を提供するメリービズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:工藤 博樹、以下「メリービズ社」)と、生活密着型シェアリングエコノミーサービス「Any+Times(エニタイムズ)」を運営する、株式会社エニタイムズ(東京都新宿区、代表取締役社長兼 CEO 角田 千佳、以下「エニタイムズ」)は、1月末までに『メリービズ』をご成約いただいたお客様を対象に、日常の雑務や家事代行が頼めるサービスチケット4,000円分をセットにした、期間限定プランを販売します。


ご購入いただいたお客様は、レシート・領収書の記帳代行をアウトソースすることに加え、エニタイムズのサービスを利用して、溜まった名刺の整理や、部屋や水回りの掃除、難しい家具の組み立てなどのちょっとした日常のお困り事や、雑務を解決することができます。 


今回このセットプランを販売することで、メリービズ社は、年末年始に経理業務でお困りの税理士および個人事業主の皆様に、さらにお得で使いやすいサービスを提供いたします。エニタイムズは、年末年始の大掃除需要に合わせて、サービスの利用促進・認知拡大を目指します。   


メリービズは、在宅の女性を積極的に活用することで地方の雇用促進に取り組んでいます。一方、エニタイムズは、個人のスキルとニーズをマッチングさせる「ご近所サポーターズ」のシステムにより、活発なご近所コミュニケーションを実現しています。今後も両社は、お客様にさらに便利でより良いサービスの提供および地域の活性化を目指してまいります。   

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング