GE、月島カスタマーアプリケーションテクノロジーセンターを開設 制御・計測機器の幅広い製品デモ・研修・品質管理の機能を集約

PR TIMES / 2013年11月19日 12時43分



米GE(ゼネラル・エレクトリック・カンパニー)のオイル&ガス事業部門の傘下で、GEセンシング&インスペクション・テクノロジーズ株式会社、GEエナジー・ジャパン株式会社ならびに日本ドレッサー株式会社は、本日、東京都・中央区に月島カスタマーアプリケーションテクノロジーセンター(以下TCAT)を開設いたしました。

TCATは、各社で展開する制御・計測機器製品を実稼働させた製品を操作し、優れた機能を体感できるお客様やパートナー向けのデモルームと研修や会議をおこなう多目的なトレーニングルームで構成される「カスタマーアプリケーションセンター」と、製品の受注・発送や、各製品の校正・修理・保全といった品質管理をおこなう「月島テクニカルセンター」で構成されます。

「GE製品の優れた機能を体感・体験し、研修も同時に実施でき、アフターサービス体制も確認できるTCATの開設により、お客様に対してソリューション・プロバイダとしてのポジションをより明確にすることができると考えています。今後、この施設を有効活用し、お客様の課題解決に微力ながらも貢献してまいります」と星 英樹・月島カスタマーアプリケーションテクノロジーセンター長は述べています。


------------------------------------------------------------------------------------------------
■月島カスタマーアプリケーションテクノロジーセンター(TCAT)の特徴
------------------------------------------------------------------------------------------------
1.メジャーメント&コントロール部門の稼働製品が一同にラインアップ

センサ式の分析・計測機器、アセット状態モニタリング機器からバルブ、制御機器や放射線測定装置など、お客様のさまざまなニーズに応える、より正確かつ安全で生産的なソリューションを実機として設置していますので、その場で稼働させ、すぐれた機能を理解することができます。トレーニングルームも備えているため、製品理解をすすめる研修や会議も実施可能です。

2.修理製品の校正・修理・保守機能までワンストップで実施

お客様の機器をお預かりし、各製品の修理や定期的な点検をおこなうメインテナンスルーム、国内の検査基準を満たす標準器室や検査・測定をおこなう校正室、さらに各製品の受発注までをおこなうオペレーションルームと、サービス部門がワンフロアでレイアウト。効率よく管理することで、お客様に世界標準のサービス・トレーサビリティを提供します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング