日本初上陸のアンダーズホテル 「アンダーズ 東京」本日開業

PR TIMES / 2014年6月11日 16時13分

アンダーズ 東京

日本初、世界で12軒目となるアンダーズホテル「アンダーズ 東京(Andaz Tokyo Toranomon Hills)」が2014年6月11日に開業いたしました。「アンダーズ 東京」は、「パーク ハイアット 東京」、「グランド ハイアット 東京」、「ハイアット リージェンシー 東京」に次ぐ、東京では4つ目のハイアットブランドとなります。



アンダーズ 東京の開業を迎え、ハイアットのアジア太平洋地区グループプレジデントを務めるラリー・チュウは、「日本経済のめざましい復調は目をみはるものがあり、これからも大きく成長していくマーケットであることは間違いありません。アンダーズ 東京は、ハイアットならではのホスピタリティに加え、型にはまらないこと、地域に根ざすことを大切にしていきます。シンプルかつパーソナルなアンダーズのスタイルは、今の時代に合うと確信しています」と述べています。

アンダーズ 東京は、東京に国際新都心を形成する起爆剤として、 環状第二号線と一体的に建築された新たなランドマーク「虎ノ門ヒルズ」の47-52階を占めます。東京タワーと皇居の間となる東京の中心に位置し、銀座、丸の内、霞ヶ関、赤坂、六本木などへのアクセスが容易で、ビジネスにも旅行にも最適なロケーションとなります。アンダーズは、地域の個性を大切にし、その土地の魅力をデザインやサービスに取り入れるホテルです。アンダーズ 東京も、虎ノ門という土地の歴史や文化を尊重し、そこへ行かなければ味わえないローカルの経験を大切にしていきます。

「アンダーズ 東京をオープンするというこの旅は、本当に楽しく刺激に溢れるものでした。ライフスタイルホテルというコンセプトを持つアンダーズブランドが誕生することは、東京のホスピタリティのあり方にも変化をもたらすでしょう。アンダーズは、地域の文化を尊重することをとても大事にしています。アンダーズ 東京では、日本らしさを随所に感じることができます。ゲストの皆さまには、地元の人になったような感覚と記憶を持ち帰って頂きたいと思っています」とアンダーズ 東京の総支配人アルノー・ド・サン=テグジュペリは述べています。

自宅で過ごしているような時間を

アンダーズ 東京の内装デザインは、世界的に活躍する二人のデザイナー 、ニューヨークを拠点とするトニー・チー氏と日本人デザイナーの緒方慎一郎氏が手がけました。和紙やクルミ材などの自然素材を取り入れ、余分なものを削いだ純粋さを大切にする日本の美意識を尊重することで、シンプルで洗練されたインテリアを完成させました。47階から50階にあるのは、8室のスイートルームを含む、164室の客室です。スタンダードでも50m2 ある客室は広くゆとりのあるバスタブを備え、どの部屋からも東京の素晴らしい眺望をお楽しみいただけます。ゲストの皆さまには家のようにくつろいで頂きたいという思いから、部屋のミニバーのソフトドリンクやスナック、市内電話、WiFi接続はすべて無料でお使い頂けます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング