レオニスがトランスコスモスとオムニチャネル領域で資本・業務提携

PR TIMES / 2014年6月30日 14時18分

オムニチャネルの総合支援カンパニーへ!~マーケティングからリテイリングまでワンストップで支援できる体制を整備~

オムニチャネルマーケティングを促進するシステムとコンサルティングサービスを提供する株式会社Leonis & Co.(東京都新宿区、共同代表:伊藤圭史、上西培智、以下レオニス)とトランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715、以下、トランスコスモス)は資本・業務提携に合意し、レオニスはトランスコスモスの子会社として、トランスコスモスグループの一員となることを発表いたします。




近年、スマートフォンの急速な普及・定着により、WebやSNS、実店舗など、様々なチャネルを横断しながら購買を行う「オムニチャネル型」の消費が拡大しています。消費者の変化を受けて、大手小売各社も顧客が商品を認知してから購買に至るまでのあらゆるチャネル(販売経路)を統合させて顧客にアプローチする“オムニチャネル”への投資を宣言。小売業関係者の一般用語として認知されています。

従来レオニスではこうしたオムニチャネル型の消費者に対応するために、東急百貨店などの小売業やNTTドコモなどのIT事業者に対してオムニチャネルマーケティングシステムの開発・提供、コンサルティング支援を行っていました。このようなオムニチャネルの先駆的な企業としての実績から、トランスコスモスはレオニスをオムニチャネル事業における重要パートナーと位置付け、今回、資本・業務提携するに至りました。

この提携により、レオニスはトランスコスモスの持つインターネット広告、スマートフォン・Webサイト構築運用、EC、コンタクトセンターなどの幅広い既存サービスと連携することができ、オムニチャネル全体のコンサルティング支援からシステムの開発・提供までワンストップで提供することが可能になります。まずはレオニスが開発した、スマートフォンで低コストかつ簡単にオファー(レコメンド・クーポンなど)の利用状況をリアルタイムに把握できるオムニチャネルマーケティングシステム「OFFERs」の販売体制を強化。無料通話アプリとの連携やDMPによるデータの統合・分析、各種マーケティングソリューションでのデータ活用など、トランスコスモスの既存サービスと組み合わせることで統合CRMを実現。チャネル全方位型のシームレスなオムニチャネルマーケティングの実行が可能になります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング