~政治・経済を武器にする“解説”メディア~ 無料で読める電子雑誌「政経電論」3月号(第3号)公開

PR TIMES / 2014年3月10日 19時17分

表紙・巻頭はサイバーエージェント藤田晋社長 × テイク アンド ギヴ・ニーズ野尻佳孝会長

電子雑誌を展開する株式会社ブランジスタ(株式会社ネクシィーズグループ東証一部上場:4346、代表取締役社長 岩本恵了)は、3月10日に政治・経済を武器にする“解説”メディア 電子雑誌「政経電論」3月号(第3号、発行元:株式会社損得舎)を公開いたしました。



▽政経電論
http://seikeidenron.jp/

2013年11月11日に創刊した無料で読める電子雑誌「政経電論」が、“解説メディア”としてさらにパワーアップ。政治、経済の専門的な記事に対して佐藤尊徳編集長が独自の“解説”をするほか、若手ビジネスマンや大学生に向けた企画を新設しました。また、巻頭取材時の模様を伝える動画も配信。わかりにくかった政治・経済の世界が、「政経電論」で広がります。

■巻頭 特別鼎談「佐藤尊徳が聞く あの人のホンネ」サイバーエージェント藤田晋社長×テイク アンド ギヴ・ニーズ野尻佳孝会長×佐藤尊徳編集長

株式会社サイバーエージェント代表取締役社長・藤田晋氏と株式会社テイク アンドギヴ・ニーズ代表取締役会長・野尻佳孝氏は、同年代の仲良し経営者。どん底を経験したからこそ、ここまで大きくなれたという2人に“どん底からの這い上がり方”を聞いた。野尻氏、数年ぶりのメディア登場。
http://seikeidenron.jp/book/vol3/#!4


【特集・記事一覧】
話題の人物に迫るインタビューのほか、政治・経済に関するレポート(記事)など、時事からエンターテインメントまで幅広く取材。

・Special Interview SNS株式会社ファウンダー堀江貴文氏
前号(第2号)でテレビの今後を語った堀江氏が、今回は「ビジネスには情緒が必要ない」と鋭いホリエモン節でメディア全体が向かう先について語る。
http://seikeidenron.jp/book/vol3/#!22

・英断か失敗か、独自戦略を取るゴーン・日産
2013年11月、業績予想の大幅な下方修正を発表したのを境に、風当たりが強まっているカルロス・ゴーン社長兼CEO(最高経営責任者)の独自経営に迫る。
http://seikeidenron.jp/book/vol3/#!9

・政治に翻弄され続ける日本郵政 安倍政権で終止符が打たれるか
小泉政権下の郵政民営化以降、自民党と民主党の政権交代のたびに方針転換する「日本郵政株式会社」だが、安倍政権下ではどうなるか?
http://seikeidenron.jp/book/vol3/#!11

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング