PS Vita専用ソフト『俺の屍を越えてゆけ2』新WebCM 、4月13日(日)18時よりゲーム公式サイトで公開

PR TIMES / 2014年4月14日 9時11分

15年前と同一キャストを起用。岸部一徳が熱い想いを絶叫する!

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア※1(SCEJA)は、2014年7月17日(木)に発売するPlayStation(R)Vita(PS Vita)、PlayStation(R)Vita TV(PSVita TV)で遊べるロールプレイングゲーム『俺の屍を越えてゆけ2』のWebCMを、2014年4月13日(日)18時より、ゲームの公式サイト(http://www.jp.playstation.com/scej/title/oreshika/2/ )にてメイキング映像とともに公開します。映像には岸部一徳さんを始め、15年前、3年前に放映された前作のCMと同じキャストを起用します。



ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア※1(SCEJA)は、2014年7月17日(木)に発売するPlayStation(R)Vita(PS Vita)、PlayStation(R)Vita TV(PSVita TV)で遊べるロールプレイングゲーム『俺の屍を越えてゆけ2』のWebCMを、2014年4月13日(日)18時より、ゲームの公式サイト( http://www.jp.playstation.com/scej/title/oreshika/2/ )にてメイキング映像とともに公開します。映像には岸部一徳さんを始め、15年前、3年前に放映された前作のCMと同じキャストを起用します。


■15年前に感動をよんだドラマ仕立てCMの3作目。父役の岸部一徳さん、息子役ともに15年前と同じキャストを起用
前作『俺の屍を越えてゆけ』を発売した1999年に放映したCM「祖父の遺言1999」篇、前作のリメイク版を発売した2011年に放映したCM「祖父の遺言2011」篇に続き、「俺の屍を越えてゆけ」シリーズのCMで3作目となる「春の海」篇は、過去2作の設定・キャストを引き継いだWebCMです。“託す想い”をテーマにしたドラマ仕立てのCMは、同一キャストだからこそ、15年前からの容姿や立場の変化、成長などをお楽しみ頂けます。


岸部一徳さん演じる父役は、1作目では祖父から想いを“託される”立場でしたが、2作目では老いとともに“託す”側を意識し始め、本作では息子役へ“託す”立場へと変化しています。息子役は、1作目では中学生として父が祖父から“託される”様を見ているだけでしたが、2作目で息子を持つ父親へと成長する事で“託し、託される”事を意識し始め、本作では父役の岸部氏から“託される”立場へと変化しています。父役の岸部一徳さん、息子役のキャストは1作目、孫役のキャストは2作目に引き続いての起用となります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング