無料オフィス「ポラリスオフィス」が全世界で100万人会員突破記念イベント開催!

PR TIMES / 2014年7月9日 9時26分

・ イベントを通じてiPadmini・クロームキャストなど、さまざまな商品を贈呈
・ MS Officeの文書作成と閲覧・簡単な文書共有・多様な外部クラウドとの連動が可能
・ 全世界39ヵ国のAppleStoreでベストアプリに選定(2014年5月)




インフラウェア(共同代表 ガン・グァンヒ、カク・ミンチョル)は、自社無料アプリのPolaris Office(ポラリスオフィス)が発売開始2ヶ月足らずで会員数が100万名を突破したと発表した。
これを受けポラリスオフィスは、多くの声援と感謝の気持ちを込め、グローバルユーザーに対して国別イベントを開始する。日本は7月9日~18日までで、アップルストア,グーグルプレイストアでレビューを書いてくれたお客様の中から抽選で20名にイベントの商品をお渡しする。商品の内容は、iPadmini,Apple Bluetoothキーボード、Wacom Bamboo スタイラスペン duo、今話題のChromecastなどを提供する。詳しい内容は、ポラリスオフィス日本公式ブログから確認することが可能だ。

ポラリスオフィスの編集機能だけを提供している既存の有料バージョンが、全世界で6億台以上に搭載されており、すでに機能としての性能を高く評価されている。今年4月に正式に発売した無料サービスバージョンには、既存の編集機能がそのまま内臓されているだけではなく3つの方法で簡単に共有する事ができる共有機能とPC、ios、AndroidなどOSに関係なく、どのデバイスからでも最大5台まで連動できる機能、Dropbox、GoogleDrive、OneDriveなどの多様な外部クラウドとの連動などができる。また、Androidに関しては、Officeアプリの中ではポラリスオフィスが世界初のChromecast(クロームキャスト)に対応しているため、HDMI端子に対応しているデバイスであればChromecastと連動して大きな画面でファイルを見ることも可能だ。

機能がさらに向上したポラリスオフィスは無料で利用可能で、アプリ内にあるプレミアムサービスも他のブランドより、低価格(月400円、年4,000円)でご利用可能な点が、全世界の使用者達にとって魅力的な要素になっており、発売開始1ヵ月でアップルとグーグルの各ストアでベストアプリとおすすめアプリに選定されている。

ポラリスオフィスは、保有しているヤフー、Gmailなどのメールアドレスを登録するだけですぐに使用可能だ。また、Facebook,Google+アカウントでもログインが可能だ。無料で使える容量は100MBになっており、友達招待とPC用Appをダウンロードすることによって、最大1Gの容量を使うことができる。100MBだと少ないイメージではあるが、文書だけの保存スペースになっており、写真などを多く使わない限り、1MBを超えることはないため十分だと言える。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング