6月1日は“チューインガムの日”ガムは、デキる男の必需品。20代サラリーマン 出世の秘訣は“ガム”だった!

PR TIMES / 2014年5月28日 12時14分

~ガムなら出世がハカどーる~ 「出世が早い方だと思う」 : “噛む派”20代男性 約34%、男性全体 約19%



モンデリーズ・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区/代表取締役社長:リアン・カッツ)は、
6月1日の“チューインガムの日” に向けて、20~40代の働く男性に「仕事」と「ガム」に関する
調査を行いました。

ガムを噛む回数が月1回以上の “噛む派”の男性と、月1回未満の“噛まない派”の男性の割合を
調べたところ、ガム市場が縮小傾向にあるなか、いまだガムを噛む男性は約半数いることが
確認出来ました。さらに世代別で見てみると、20代男性は“噛む派”が“噛まない派”を約10%上回り、
若手社員は他の世代と比べて相対的に、ガムをよく口にするということが分かりました(【図1】)。

今回はその“噛む派”の20代男性に注目し、仕事とガムの関連性を調べています。
さらに、企業と人材のマッチングサービスを行う株式会社キープレイヤーズ代表取締役の高野秀敏さん
に、仕事がデキる男性に見られる傾向とガムの関連性についてお話を伺いました。
調査結果の要旨は以下の通りです。

【調査結果】男性:N=450
■出世が早い方だと思う《約15%差》
“噛む派”20代:約34%⇔全体:約19%

■仕事中は気分転換にガムを噛む《約24%差》
“噛む派”20代:約40%⇔全体:約16%

■ガムを噛むと仕事効率が上がると思う《約21%差》
“噛む派”20代:約71%⇔全体:約50%

【調査概要】
■調査期間:2014年3月5日~3月6日
■対象:首都圏男女合計900名(条件:フルタイムで働いている/20代~40代の各年代300名)
■方法:インターネットによるアンケート回答方式(楽天リサーチ株式会社)

【ガムはデキる男の必需品!?】
男性全体と、ガムを“噛む派”の20代男性を比較し、仕事とガムの関連性について調べてみました。
その結果、同世代と比べて出世が早い方と思う男性(「非常に」「ある程度」「言われたことがある」)の
割合は、全体平均で約19%だったのに対し、“噛む派”20代では約34%にも上りました。
同じ“噛む派”の30代、40代と比べても、20代は圧倒的に高い値を誇ります(【図2】)。

また、仕事中の気分転換方法について聞いたところ、男性全体では1位が「コーヒー」(約49%)、
2位が「ガム」(約16%)でしたが、“噛む派”になるとどの世代も「ガム」という回答が増え、
特に20代は「コーヒー」(約30%)を10%も引き離し、「ガム」(約40%)が1位という結果が出ました
(【図3】)。つまり“噛む派”20代は、普段からガムを噛むだけでなく、仕事の気分転換のアイテムとして
ガムを効果的に活用していることが分かります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング