WAR THUNDERの拡張版『GROUND FORCES』 E32014でクロスプラットフォーム対応を発表

PR TIMES / 2014年6月27日 11時52分



フライトシミュレーションゲーム「ウォーサンダー」の拡張版である『GROUND FORCES』の開発、運営を行っている、ロシアオンラインゲーム会社、株式会社ガイジンエンターテインメント(以下、ガイジンエンターテインメント)が、今年E3 2014に参加し、多くの参加者に新しくなった「ウォーサンダー」を楽しんでいただきました。


既に世界のユーザから熱い支持を得ているガイジンエンターテインメントですが、E3のような国際ビデオゲームショーには初めての参加でこの参加を記念に2つの新しいサービスを発表いたしました。

1つ目の発表は、ガイジンエンターテインメントがLinuxをサポートし今後Linuxを利用するすべてのプラットフォームをサポートすることになりました。

2つ目は、新しいプラットフォームサポートに関する発表です。今回E3に参加した他ゲーム社の中、唯一5個のそれぞれ異なるプラットフォームを対応するゲームになり、PC、Mac OS、Linux、PlayStation4、及びE32014で特定のメディアを限定して公開したプラットフォームまで合計5ヶ所のプラットフォームに対応したことを発表いたしました。 さらにクラウドゲーム界の大手企業であるOn Liveが発表した新しいプラットフォームCloudLiftの対応で今後モバイルデバイスでもウォーサンダーを楽しめるようになりました。


そして、「ウォーサンダー」は2014年の年明けに303種の機体を提供するフライトシミュレーションゲームという記録でギネスを獲得させていただきましたが、今後も更なる大規模アップデートを通じて42種の機体を追加し、全345種の機体を提供する予定です。

なお、E32014に参加されている企業のうち、ゲームに関するギネスを持っている企業はガイジンエンターテインメントのみとなっております。

以下、ギネス記事。http://www.guinnessworldrecords.com/world-records/6000/most-planes-in-a-flight-simulation-game)


「ウォーサンダー」は、既に700万ユーザが世界的に楽しんでいるフライトシミュレーションゲームとして今回クロスプラットフォームサービスは現在オープンベータとしてPCとMac OS, PS4, OnLive, Oculus Riftそれからまだ未公表のプラットフォームでのプレイが出来ます。PCは下記の公式サイトから無料でダウンロードできます。空陸中で繰り広げられるバトルの快感をぜひ体感してください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング