家賃0円で暮らせるクリエイターズシェアハウス『TOLABL』をオープン!

PR TIMES / 2014年5月23日 10時51分

「ものづくりの町」浅草エリアにクリエイティブ空間誕生

リレーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:長谷川博章)は、クリエイターなら家賃無料で半年間(※1)住むことができ、無料でアトリエ/イベントスペースを使える家具付きシェアハウス「TOLABL(トラブル)」( URL : http://www.tolabl.com )を台東区の浅草エリアにオープンします。



厳正なる審査を通過したクリエイターであれば、毎月の家賃も、敷金も、礼金もなしで暮らすことができます。また、住人にならずとも、「TOLABL」に何らかの形で貢献や協力を頂けるクリエイターも無料でアトリエ/イベントスペースを利用できます。24時間ラボれる場所「TOLABL」から世界をアッとさせるものを生み出していきます。

※1.電気・ガス・水道・インターネットの共益費として10,000円~15,000円はお支払い下さい。また、入居半年後に面談し、さらに半年間無料で生活するか退去するか双方で判断します。


【TOLABLをオープンする経緯】

1. クリエイターの想いを叶える場所をつくる
多くのクリエイターと話す中で、自分の本当に作りたいもの、世の中にとって価値のあるものを作れる機会が少ないと悩んでいる人が多いと感じました。その状況は、クリエイターにとってマイナスですし、日本や世界のデザインやテクノロジーにもマイナスの影響を与えます。しかし、自分の情熱や才能と解き放つために、例えばフリーランスになることには一方でリスクもつきまとうので、思い悩む人がいます。そのような想いを持ったクリエイターの願いが叶えられる場所を作りたいと考えました。

2. アイディアが形になる場所をつくる
シェアハウスは多種多様な人が集いやすく、新しいものを生み出す場としては非常に良い場所です。シェアハウスから世の中に価値のあるものをどんどん生み出していきたいと考えています。

3. 地域と一緒に新しい価値をクリエイトする場所をつくる
台東区の浅草エリアはクリエイターが多くいる、「ものづくりの町」です。
住居やアトリエスペース提供だけでなく、クリエイターが国内外の企業や個人と恊働したり、創作活動を後押しする場所として、「ものづくりの町」台東区浅草エリアから世界をアッと言われるものを生み出したいと考えています。


【TOLABLとは?】
ものづくり・アトリエスペースと居住スペースを兼ね備えた、選ばれしクリエイターなら無料で利用できるシェアハウス。クリエイターが集う場所に、たくさんのアイディアが持ち込まれ、デザインとテクノロジーの力でプロジェクトが形になっていく。クリエイターが情熱と才能を解き放てる場所です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング