インドのAMASメディカルサービス社と提携

PR TIMES / 2014年6月2日 12時17分

インターナショナルSOSは更なる事業拡大の実現に向け、インドのムンバイに拠点をおくAMAS Medical Services Pvt. Ltdと戦略的な締結をしたことを発表しました。



AMASはインドにおける医療管理ソリューション分野のビジネスリーダーとして、資源エネルギー業、航空業、海運業向けに医療サービスを提供しています。AMASの創設者兼最高経営責任者のアニル・メーラ博士は、インド医療界でも著名な人物であるとともに、起業家としても広く尊敬を集めています。

インターナショナルSOSは、1998年にニューデリーオフィスを開設して以来、インドの医療とセキュリティアシスタンス分野の最前線で事業を展開しており、メンバーシップを保有する会員企業を対象に国際水準の医療アシスタンスとセキュリティサービスを提供しています。

両社のサービスが連携することで、インドに拠点をおく会員企業だけではなく、インドで事業を展開するグローバル会員企業へのサポートが拡充します。特にインターナショナルSOSの関連会社であるMedAire社(http://www.medaire.com/)がサービス提供を行う航空業と、資源エネルギー業の会員企業には更に広く高品質なサービスの提供が可能になりました。

AMASとインターナショナルSOSは引続き独立企業として運営されますが、統合サービスとしてお客様に幅広いサポートを提供します。AMASの創設者であるアニル・メーラ博士はインターナショナルSOSインドのメディカルアドバイザリー委員会の会長に就任するとともに、国際メディカルアドバイザリー委員会のメンバーにも加わります。

AMASでは、本提携について以下のように語っています。
『インターナショナルSOSと正式に提携したことを我々は非常に嬉しく思っています。主に資源エネルギー業や航空業の企業に向けたサポートが拡充します。高品質な医療サービスをインド全土のお客様に提供することが我々の使命です。』

インターナショナルSOSのインド支社では次のように述べています。
『AMASが提供する優れた見識と地域に根ざしたサービスは、インターナショナルSOSが世界規模で展開するアシスタンスサービスを強力にサポートすることは間違いありません。我々は両社の強みを十分に活用してインドのお客様のニーズに応えるべく一層努力してまいります。』

AMASについて
AMAS(www.amasmedical.com)は、資源エネルギー、航空、海運分野における医療サービス、および外注医療、遠隔医療、医療派遣といったサービスのリーダー企業であり、医療管理ソリューション事業の牽引役として尽力しています。AMASのビジョンは、他者を敬い、変化への適応力に優れ、転帰への説明責任が果たされる環境で優れた患者ケアを提供し、患者にとって最高の医療サービスを普及させることにあります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング