リビエラ・タイルの新カタログ『RIVIERA TILE COLLECTION 2018-2019 LINEUP CATALOGUE VOL.16』を発刊

PR TIMES / 2018年3月28日 10時1分

~タイルのRIVIERAブランド最新カタログ~

 タイル・石材等の輸入販売を行っておりますリビエラ株式会社(本社:静岡県静岡市、社長:加藤久和、URL: http://www.riviera.jp)は、2018年4月2日(月)にタイルの総合カタログ『RIVIERA TILE COLLECTION 2018-2019 LINEUP CATALOGUE VOL.16』を発刊致します。



 今回のカタログには、イタリアタイルのトレンドを網羅した新商品3シリーズを新たに掲載しました。
 シンプルな表情ながらも重厚感を感じさせる石を表現した「フォリインペリアーリ」は、ローマ帝国の数々の皇帝が建造した広場のあるローマの遺跡がデザインの源になっています。2000年前の歴史を今に伝えるイタリア産の堅牢な石がモチーフになっています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/20440/6/resize/d20440-6-314833-0.jpg ]

 
[画像2: https://prtimes.jp/i/20440/6/resize/d20440-6-519209-1.jpg ]

 土の色だけでタイルの表情を作り上げている「ストーン」は、控えめなたたずまいでどんな空間にも調和します。人通りの多い重歩行部分にも最適な耐久性のあるタイルです。
 繊細な脈模様のある大理石を積み重ねたかのような「ウォールマルミ」は、表面の凹凸が壁面を立体的に見せる装飾タイルです。主張し過ぎない白の中の黒い脈・黒の中の白い脈は、空間をより洗練したものにしてくれます。


[画像3: https://prtimes.jp/i/20440/6/resize/d20440-6-829987-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/20440/6/resize/d20440-6-560338-3.jpg ]

 単体のタイル製品画像は日本国内で実物を撮影、より表面の風合いを紙面で確認できるようになっています。
天然石材も実物を撮影、4枚並べることで色幅も確認できるようになっています。巻末には住宅の玄関・ダイニング・サニタリー等の施工事例を数多く掲載しており、タイルの具体的な使い方をご提案しています。
 RIVIERAブランドのコピーは「理想をカタチに、感動をあなたに。」です。タイル等の建材を「創造力のかけら」と定義し、その「創造力のかけら」を通してお客様に感動をお届けするということがコンセプトになっています。当カタログは主に暮らしの空間をイメージし、住宅で使いやすいラインアップとなっています。

 このカタログを基にした受注は、全国7ヶ所に完備した配送センターより原則48時間以内に現場納品しております。また、タイル1枚・乱形石材1m2 という小ロットからの受注・配送も可能となっています。


『RIVIERA TILE COLLECTION 2018-2019 LINEUP CATALOGUE VOL.16』概要
仕様:A4判ワイド / オールカラー
頁数:359頁
発刊日:2018年4月2日(月)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング