アバターロボット “ugo” ACC賞クリエイティブイノベーション部門「ACCシルバー」受賞

PR TIMES / 2019年10月1日 20時40分

パートナーロボットの開発を手掛けるMira Robotics株式会社(本社:川崎市高津区、代表取締役CEO:松井 健)は、「2019 59th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」クリエイティブイノベーション部門において、“ugo(ユーゴー)”で「ACCシルバー」を受賞いたしました。




[画像: https://prtimes.jp/i/34305/6/resize/d34305-6-700539-0.jpg ]


「ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」は、広告賞「ACC CM FESTIVAL」を前身とし、現在はあらゆる領域におけるクリエイティブを対象として開催されているアワードです。クリエイティブイノベーション部門は未来を創り出す、世の中を動かす可能性のあるアイデアとテクノロジーから産み出された作品が審査対象となります。
デモを含むプレゼンテーション及び質疑応答による最終審査会の結果、ugo(ユーゴー)”は審査基準である革新性、有用性、未来を創るポテンシャル、いずれについても高く評価いただき、「ACCシルバー」受賞となりました。

●「2019 59th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」クリエイティブイノベーション部門 入賞作品
http://www.acc-awards.com/festival/2019fes_result/ci.html

● “ugo(ユーゴー)”とは
2本のアームを持ち、必要な高さ調整もできるパートナーロボット。人が遠隔操作することで、細かい軽作業を行うことが可能です。また、プライバシー保護機能や学習機能、自動モードなども搭載。“ugo(ユーゴー)”を活用すれば、手伝って欲しい人と手伝いたい人を柔軟にマッチングし、新しい働き方やライフスタイルを実現します。Mira Robotics株式会社では2020年中にサービスを開始する予定です。

■Mira Robotics株式会社 会社概要
多様化する生活スタイルに合わせたロボティクスサービスとして、パートナーロボット、ロボットインテリジェンス、クラウド連携サービスを開発・提供しています。メンバーは、エンベデッド・エンジニア、コンピュータビジョン・エンジニア、機構/意匠デザイナ、電気エンジニア、ロボットAI研究者(理学博士)で構成され、"SCALE OUT HUMAN POSSIBILITY"をミッションに、独自のテクノロジーを追求しています。
所在地 : 神奈川県川崎市高津区坂戸3丁目2番1号
設立   : 2018年
代表者 : 代表取締役CEO 松井 健
URL   : http://mirarobotics.io/

事業内容: 家庭用ロボット、業務用ロボットの企画、開発及び販売、ロボット・サービスの構築及び運営等

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング