「Old meets New 東京150年」事業  明日からカッパバッジの販売を開始します

PR TIMES / 2018年7月9日 19時1分

 「東京150年」を記念して復刻するカッパバッジにつきまして、明日(7月10日(火))から、都内各所において販売開始いたしますので、改めてお知らせいたします。




 東京都は、平成30年(2018年)が江戸から東京への改称、東京府開設から150年の節目であることを記念し、「Old meets New 東京150年」事業を展開しています。
 「東京150年」を記念して復刻するカッパバッジにつきまして、明日(7月10日(火))から、都内各所において販売開始いたしますので、改めてお知らせいたします。

■販売方法・価格


[画像1: https://prtimes.jp/i/34605/6/resize/d34605-6-239256-6.jpg ]

6月22日公表時に比べ、イトーヨーカドー都内店舗など36か所販売場所を拡大しました。(販売開始日は異なります。)

■バッジ提示で都立施設や民間レジャー施設等が無料・割引に!
 恩賜上野動物園や江戸東京博物館、都立9庭園などの都立施設で、平成30年9月29日及び30日にバッジを提示することで入園料等が無料になります。
 また、都営交通や新交通ゆりかもめでは、9月30日に利用できる小児用の一日乗車券を配布するほか、都内の民間レジャー施設等でも、特定の期間、無料や割引となります。
 そのほか、平成30年秋に開催予定である(仮称)東京150年祭の開催期間中は、その会場となる「浜離宮恩賜庭園」の入園が無料となります。

■プレミアムチケットやツアーが抽選で当たる!
[画像2: https://prtimes.jp/i/34605/6/resize/d34605-6-804277-1.jpg ]


 恩賜上野動物園に、1,000名様限定で入園できるプレミアムチケットや、都庁舎内を巡るツアー、東京都インフラ施設と東京2020大会会場を廻るバスツアーに抽選で招待します。
※販売場所、無料・割引施設及びプレミアムチケット・ツアーの詳細は、別紙をご覧ください。

(参考)
○バッジデザイン及びデザイナーの紹介
「東京150年記念」カッパバッジデザイン(3種類)
[画像3: https://prtimes.jp/i/34605/6/resize/d34605-6-179492-2.jpg ]

  「黄色」と「ピンク」は、カプセルトイ販売のみです。

デザイナー 安齋 肇 氏
[画像4: https://prtimes.jp/i/34605/6/resize/d34605-6-760535-3.jpg ]

(プロフィール)
○ 昭和28年生まれ。東京都出身
○イラストレーター、アートディレクター
○ キャラクターデザインやアートディレクション、
絵本等を手掛けるほか、テレビ出演など多彩に活動


旧作カッパバッジデザイン(1種類)
[画像5: https://prtimes.jp/i/34605/6/resize/d34605-6-558685-4.jpg ]

デザイナー 小島 功 氏(昭和3年~平成27年)
[画像6: https://prtimes.jp/i/34605/6/resize/d34605-6-603253-5.jpg ]

(プロフィール)
○ 昭和3年生まれ。東京都出身。
○ 漫画家、イラストレーター
○ 昭和51年~平成9年にカッパバッジをデザイン
○ 昭和43年 文藝春秋漫画賞受賞
平成2年 紫綬褒章受章
平成11年 勲四等旭日小綬章受章

○カッパバッジとは
 昭和31年、太田道灌(どうかん)の江戸築城500年を記念して行われた「大東京祭」の記念バッジに由来。昭和34年からカッパのデザインとなり、平成9年まで発行。毎年10月1日の「都民の日」を前に、宝くじ売り場などで販売され、動物園などの都施設や都電が無料となる目印として親しまれた。「東京150年」の節目である平成30年、平成9年以来、21年ぶりに復活することとなる。

[表: https://prtimes.jp/data/corp/34605/table/6_1.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング