1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【イッタラ】Iittala X mina perhonen 限定コラボレーションから春らしい色合い「マグ バード ピンク」が登場

PR TIMES / 2021年4月15日 12時15分

大切な宝物となるパーソナルアクセサリー

フィスカース ジャパン株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:Christophe Ranchoux)が展開する、フィンランドのデザインブランド「イッタラ」は、ミナ ペルホネン デザイナー皆川明氏が手描きでデザインした鳥の模様がプリントされた“Iittala X mina perhonen” のコレクションから、2021年の新色、「マグ バード ピンク」を日本限定発売いたします。



2021年、フィンランドのデザインブランドであるイッタラは、ミナ ペルホネンと引き続きコラボレーションいたします。
今春は、春らしい色合いの「マグ バード ピンク」の登場です。

[画像1: https://prtimes.jp/i/61557/6/resize/d61557-6-586964-1.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/61557/6/resize/d61557-6-822905-0.jpg ]



ミナ ペルホネンは時間を共に重ねることで魅力が増す服を作りたいと考えたデザイナー皆川明氏によって1995年に誕生しました。オリジナルの図案でファブリックを作るブランドとして世界中で知られ、愛されています。

ブランド名はフィンランド語から来ており “minä” は “私”、“perhonen” は “ちょうちょ” を意味しています。19歳で初めてフィンランドを訪れて以来、皆川明氏が築き上げてきた北欧文化との深いつながりを象徴しています。
「私は19歳の時、初めてフィンランドを訪れました。冬の時期で北極圏にあるロヴァニエミまで行ったのですが、その時の印象の一つが、外がマイナス35度にも関わらず、フィンランドの人たちはとても快適な生活を送っているということでした。彼らの家や周りには素晴らしい伝統的なデザインにあふれていたのです。約35年前のその旅行以来、フィンランドは私の大切な国の一つとなりました。」と皆川明氏は話します。

A shared design philosophy
イッタラ とミナ ペルホネンは、同じ価値観とデザイン哲学を共有しています。両ブランドとも、日常使いができ、かつ、世代を超えて受け継ぐことのできる日々のアイテムをデザインしています。
クラフトマンシップと細部へのこだわりは、デザインプロセスにおいて重要な役割を果たしています。イッタラはガラスの深い専門知識と高いスキルとで知られており、ミナ ペルホネンは、国内外の多くの工場や職人と協力をして、素材開発や、技術開発に取り組んできました。

A collection of small everyday items
皆川明氏がデザインした “Iittala X minä perhonen” は、日常生活に軽やかさと幸福をもたらす小さな日常アイテムのコレクションで、手描きの鳥の模様が特徴です。「鳥は好んでよく描くモチーフの一つです。鳥はとても自由な生き物であり、幸せを感じて飛び回っているようにみえます。鳥の翼は人々にとっての無限の可能性を象徴しています。」と皆川明氏は言います。

[画像3: https://prtimes.jp/i/61557/6/resize/d61557-6-871267-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/61557/6/resize/d61557-6-823997-3.jpg ]



[表: https://prtimes.jp/data/corp/61557/table/6_1.jpg ]



お求めは全国のイッタラショップ、及びミナ ペルホネン ショップ限定発売
イッタラ公式オンラインショップ: https://www.iittala.jp/products/list.php?category_id=115
全国のイッタラ ショップ: https://www.iittala.jp/shoplist/


■イッタラについて
イッタラは、フィンランド南部にあるイッタラ村で小さなガラス工房として始まり、今日では人々の生活に寄り添い、人々の日々の生活をより豊かにする企業へと成長しました。単独でも個性を発揮するデザインでありながら、自由な組みあわせが可能で、用途が広い製品をつくることがイッタラの信念です。また、質、美しさ、機能性を大切にするフィンランドのブランドとして、流行に左右されない普遍性のあるデザインを追求しています。イッタラにはブランドを代表する「アルヴァ・アアルト ベース」(1936年発売 / アルヴァ・アアルト)、「ティーマ」(1952年発売 / カイ・フランク)、「バード バイ トイッカ」(1972年発売 / オイバ・トイッカ)など、時代を超え愛され続けている製品があります。

■ 毎日をこの上ない特別な日に。フィンランド発の「フィスカース」
「フィスカース(Fiskars)」は、フィンランドの小さな村の製鉄所として1649年に設立され、まもなく370年を迎える歴史を誇るブランドです。現在は、Fiskars、Wedgwood、Iittala、Gerberなど、世界的に有名なブランドを抱える大手消費財グループ企業に成長しました。 住空間も“クオリティー・オブ・ライフ(生活の質)”の大切な要素と考えるフィンランド発の企業らしく、象徴的な製品、強固なブランド力、世界的な志を持つフィスカースグループの使命は、家、庭、屋外での人々の生活を豊かにすることです。世界中の社員に共有されているスローガンは、“Making the everyday extraordinary(毎日をこの上ない特別な日にする)”。フィスカース ジャパン株式会社はこのスローガンを実感できるような生活を日本の消費者に提供することを目指して、2017年に発足いたしました。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング