スイッチサイエンス 、「Raspberry Pi Compute Module 4」の発売に合わせ、Raspberry Pi Compute Moduleの取り扱いを開始

PR TIMES / 2020年10月19日 18時15分

株式会社スイッチサイエンス(以下スイッチサイエンス、代表取締役:金本茂、本社:東京都新宿区)は、大人気のシングルボードコンピューターの産業用アプリケーション向けモデル「Raspberry Pi Compute Module」の取り扱いを、「Raspberry Pi Compute Module 4」の発売に合わせ、2020年10月19日に開始します。



Raspberry Pi Compute Moduleは、産業ユーザー向け組み込み機器などにRaspberry Piを搭載したい場合に最適な超小型のシステムオンモジュールです。別売りのI/Oボードと組み合わせれば、USB機器やイーサネット、HDMIやSDカードなどの外部接続インターフェイスをすぐに利用することができます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/64534/6/resize/d64534-6-146263-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/64534/6/resize/d64534-6-110805-1.jpg ]


Raspberry Pi Compute Module 4は、Wi-Fi搭載有無、メモリ、ストレージの容量において、豊富な製品バリエーションを展開します。スイッチサイエンスウェブショップでは、国内の認証状況やニーズに合わせて段階的な取り扱い製品の拡充を予定しており、Raspberry Pi Compute Module 4について以下の5製品より開始します。

▶︎ 販売情報
スイッチサイエンスのウェブショップ( https://www.switch-science.com/ ) にて販売を準備中です。販売開始日は調整中です。下記購入ページの入荷通知受付ボタンによりご希望いただきますと、販売開始時にメールでお知らせを差し上げます。


<Raspberry Pi Compute Module 4 メモリ1GB / eMMC 32GB>
 メモリ 1GB eMMC 32GB Wi-Fi 非搭載 
型番 RPI-CM4001032 価格(消費税込み) 6,380円
購入ページ  https://www.switch-science.com/catalog/6693/

<Raspberry Pi Compute Module 4 メモリ2GB / eMMC 32GB>
 メモリ 2GB eMMC 32GB Wi-Fi 非搭載
型番 RPI-CM4002032 価格(消費税込み)  7,150円
購入ページ  https://www.switch-science.com/catalog/6701/

<Raspberry Pi Compute Module 4 メモリ2GB / eMMC 32GB / Wi-Fi搭載>
 メモリ 2GB eMMC 32GB Wi-Fi 搭載
型番 RPI-CM4102032 価格(消費税込み)  8,030円
購入ページ  https://www.switch-science.com/catalog/6705/

<Raspberry Pi Compute Module 4 メモリ4GB / eMMC32GB / Wi-Fi搭載>
 メモリ 4GB eMMC 32GB Wi-Fi 搭載
型番 RPI-CM4104032 価格(消費税込み)  10,340円
購入ページ  https://www.switch-science.com/catalog/6713/


<Raspberry Pi Compute Module 4 I/Oボード>
型番 RPI-CM4-CM4-IO 価格(消費税込み)  5,650円
購入ページ  https://www.switch-science.com/catalog/6689/
▶︎ 他社の商標または登録商標
Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
記載されている製品名などは各社の商標または登録商標です。

▶︎ スイッチサイエンス について

[画像3: https://prtimes.jp/i/64534/6/resize/d64534-6-952212-2.png ]

スイッチサイエンスは、テクノロジーをより多くの人々が道具として当たり前に使える世界を目指して活動しています。具体的には、電子工作用の電子部品を自社で設計、製造、または国内外から調達し、販売する事業を行っています。

近年は多くの電子部品が小型化され、専門家以外には使いづらくなっています。こういった電子部品を数センチメートル角のプリント基板に搭載したモジュールの形で提供することで、多くの人がテクノロジーを楽しめる環境を作りたいと考えています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング