大学生は日本が大好き?!~大学生の9割以上が今の日本を「好き」

PR TIMES / 2014年12月4日 11時24分

大学生の約9割が2020東京五輪開催を歓迎

【調査について】
 公益社団法人東京広告協会主催の「大学生意識調査プロジェクト FUTURE2014」では、首都圏の大学生800名を
対象に、「日本に関する意識調査」を実施しました。(調査期間: 2014年7月14日~8月1日)



いまの大学生に問う!日本、そして2020東京五輪!

1. 大学生の9割以上が今の日本が好き。~01年に比べ、9ポイントの増加。~
「日本が好きか」という設問に「好き(計)」と回答した大学生は約97%。「大好き」と回答した人は5割を超えた。同様の項目の調査を行った2001年の結果と比べると「好き(計)」は9ポイント、「大好き」は13ポイントも高い結果となりました。(図表A/B)

2.大学生の約9割が2020東京五輪開催を歓迎。~さらに、大学生の6割は来日する外国人と交流したい!~
海外経験が乏しく、英語にも自信がないため、海外やグローバル化に不安意識を持っている大学生ではあるが、東京オリンピック・パラリンピックに対しては約9割が「嬉しい(計)」と回答した。(図表C)
さらに約6割の大学生が来日する外国人と「交流したい」と積極的な意識を持っていた。(図表D)

3. 世界に通用したいとは思うが…自信がない人は約8割
「世界に通用する人間になりたいか」という設問には、約7割が「そう思う(計)」と回答した。しかし、「通用する自信があるか」と聞くと「自信はない(計)」と回答は約8割となった。(図表E)
意識は高いが自信はなく、「海外での就職意向」も「働きたい(計)」は約3割に留まった。(図表F)


【その他のトピックス】
● 「日本」が五輪の開催国に「ふさわしい」と回答した大学生は81.8%でした。

● 東京オリンピック/パラリンピックを機に、「日本が良い方向に変わると思う」と回答した大学生は79.9%でした。

● 「『クールジャパン政策』について、日本の良さを十分に世界にPRできているか」という設問に「PRできている(計)」は64.3%、「十分PRできている」と回答した大学生は6.9%でした。

● 「外国人にあまり知られていないが、もっと評価されるべきだと思うものがあるか」という設問には76.1%の大学生が「ある」と回答した。

本レポートでは、さらに「恵まれているけど70点!?~今後も世界に通用するか!?と焦る大学生~」、「海外ファンでも、海外フアン~過剰な不安が、働く意識にも影響する大学生~」、「輪活!オリンピックは交流のチャンス!! ~話せないけど、おもてなしはしたい大学生~」、「The Japanより“俺のJapan”~日本の魅力発信に大学生活用のススメ~」といった示唆を得ています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング