~都内各所を盛り上げる地域密着プログラムを多数開催~ 平成23年度 2月~3月開催プログラムを発表

PR TIMES / 2012年1月13日 18時47分



 東京文化発信プロジェクトでは、2月から3月にかけて、『第4回 恵比寿映像祭』や、『六本木アートナイト2012』、『アートアクセスあだち2011』など、都内各所を舞台に、それぞれの地域資源を活用したアートプログラムを多数開催いたします。

<都内各所を盛り上げるプログラム>
■第4回 恵比寿映像祭 「映像のフィジカル」
 恵比寿にある東京都写真美術館全フロアを使い、展示、上映、ライヴ・イヴェント、講演、トーク・セッションなどを複合的に行う「映像」と「アート」のフェスティバルです。4回目となる今年度は、会期を例年より5日間延長し、「映像のフィジカル」をテーマに、巨匠ジョナス・メカス氏の最新作のアジアプレミア上映や、視線入力技術に着目したアートプロジェクトなど、国内外の様々なアーティストの作品を幅広く提示いたします。

■六本木アートナイト2012 「アートでつくろう、日本の元気」
 生活の中でアートを楽しむという新しいライフスタイルの提案と、大都市東京における街づくりの先駆的なモデル創出を目的として開催する、六本木の街を舞台とした一夜限りのアートイベントです。3月24日(土)10時から、3月25日(日)18時までオールナイトで行われ、参加文化施設の開館時間延長や屋外でのインスタレーション、スペシャルプログラムなど、様々なタイプのアートが展開されます。前衛芸術家の草間彌生氏の新作など、見る方に元気を与えるような作品が多数登場する予定です。

■アートアクセスあだち2011 音まち千住の縁
足立智美氏・大友良英氏・大巻伸嗣氏・野村誠氏ら、住民参加型アートプロジェクトの経験の豊かなアーティストが中心となって、足立区千住地域を舞台に、市民とアーティストが協働する“音”をテーマとしたまちなかアートプロジェクトです。3月には、1分間に1万個のシャボン玉を発生させて、街の風景を変化させたり、銭湯でコンサートを開催するなど、各アーティストならではのイベントを実施いたします。

 都内の各エリアの特性を活かして展開されるアートプログラムが豊富なこの期間に、ぜひご注目ください。


<2月~3月の主なプログラム紹介>
フェスティバル

■第4回 恵比寿映像祭 「映像のフィジカル」
~恵比寿を舞台にした映像の国際フェスティバル~

 東京都写真美術館全フロアを使い、展示、上映、ライヴ・イヴェント、講演、トーク・セッションなどを複合的に行う「映像」と「アート」のフェスティバルです。平成20年度より、映像分野における創造活動の活性化と映像表現ジャンルを横断した芸術性の高い作品を紹介するとともに、多様な映像表現の在り方を問う場として開催しています。今年は「映像のフィジカル」をテーマに、映像を通じて体感する経験や知覚といった身体との関わりから映像を捉えなおす視点を、国内外の様々なアーティストの作品とともに、幅広く提示します。
<今年度の主な特徴>
・例年より会期を5日間延長し、15日間にて開催します。
・巨匠ジョナス・メカス氏の最新作をアジアプレミア上映いたします。
・屋外では、視線入力技術に着目したアートプロジェクトが出現します。
・映像の保存や継承といったアーカイヴの問題を議論していきます。
・恵比寿地域の文化施設と連携してアートをさらに活性化させていきます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング