Cloudera、ピアソンVUEと提携しHadoop認定資格 日本語試験プログラムを提供開始 〜 試験申し込み時に使用言語の日本語・英語選択が可能に 〜

PR TIMES / 2012年6月19日 12時34分

2012年6月19日 Cloudera株式会社(本社:サンフランシスコ、日本本社:東京都中央区京橋2-7-14ビュレックス京橋701、代表取締役:ジュセッペ小林、以下Cloudera)は、プロフェッショナル/IT資格の試験配信大手のナショナル・コンピュータ・システムズ・ジャパン株式会社(本社:〒102-0083 東京都千代田区麹町四丁目 1-5 麹町志村ビル 4F、代表取締役:松林知史、商標名:PearsonVUE、以下PearsonVUE)と提携し、同社を通じてClouderaのHadoop認定資格の日本語試験の提供を開始したことを発表しました。PearsonVUEで受験できる認定資格は、開発者向けの「Cloudera Certified Developer for Apache Hadoop」 (CCDH)、管理者向けの「Cloudera Certified Administrator for Apache Hadoop (CCAH)」の2種類で、試験申し込み時に使用言語を日本語・英語の二カ国語から選択できます。
また米Cloudera本社では、新しい認定資格として、HBaseのスキルを証明する「Cloudera Certified Specialist in Apache HBase」(CCSHB)を発表し、これもPearsonVUEのテストセンターを通じて配信されます。HBaseは、近年利用者が拡大しているHadoopエコシステムの非リレーショナル・データベースであり、CCSHBの日本語プログラム も2012年夏ごろに展開していく予定です。

▼PearsonVUE Cloudera認定試験詳細URL:http://www.pearsonvue.com/japan/IT/cloudera_index.html

▼Cloudera University Hadoop認定資格詳細URL:http://www.cloudera.co.jp/university/certification.html

これまでClouderaの認定資格試験は、Cloudera Universityが提供する所定のトレーニングプログラムを受講することが条件でした。今回のPearsonVUEとの提携により、コース不参加でも直接PearsonVUEで試験バウチャーを購入して受験が可能となったほか、世界各国任意のピアソンVUE試験会場で試験を受けられるようになりました。受験料は税抜き2万5500円で、受験に当たってはPearsonVUEから発行される「Cloudera ID」が必要になります。Cloudera IDは、過去にPearsonVUEでClouderaのプロフェッショナル認定資格試験を受けた受験生に付与されるもので、初めて試験を受ける受験者には試験システム側でCloudera IDを発行します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング