お部屋写真SNS「RoomClip」と照明ブランドBeauBelleが、主婦のDIY照明を商品化・販売するキャンペーンを実施

PR TIMES / 2014年5月21日 15時12分

 Tunnel株式会社(トンネル、東京都千代田区、代表取締役社長 高重正彦)は、部屋写真の共有サービス「RoomClip(ルームクリップ)」にて、株式会社日昇(愛媛県伊予市、代表取締役社長 高橋重憲)が企画・販売する照明ブランド「BeauBelle(ボーベル)」と提携し、ユーザーが自作した照明の写真を募集し、商品化するキャンペーン を実施します。



スマートフォンとソーシャルネットワークの主婦層への普及を背景に、これまで可視化されにくかった「主婦のDIY」が活発になっています。この度のキャンペーンはそうした主婦の知恵をインテリア商品開発やマーケティングに活かすユニークな取り組みとなります。

【キャンペーンページ】
http://roomclip.jp/contest/51

【キャンペーン詳細】
「RoomClip発☆自作ライトを商品化しよう 」コンテスト
ユーザーがDIYした照明の写真を募集し、優秀作品をBeauBelleが商品化、販売いたします。
応募期間:2014年5月21日(水)~6月29日(日)
審査期間:6月30日(月)~

【提携キャンペーンの背景】
ソーシャルを活かしてオシャレな照明を販売するBeauBelle
日昇が運営するBeauBelleはデザインと機能性を兼ね備えた照明を、楽天を中心とするオンラインサイトで販売する照明専門店です。これまでもカスタマーとのコミュニケーションに重点を置き、約3万人以上のいいねを獲得しているFacebookページで商品の開発過程を公開したり、新商品の名前を募集したりしてソーシャルメディアをマーケティングに活用してきました。
2014年2月にはRoomClipに公式アカウントを開設。3月に主催した「ペンダントライトで楽しむインテリア」コンテストでは、1ヶ月で400枚近いユーザーのインテリア写真が投稿されました。

RoomClipに蓄積された「インテリアの知恵」を商品開発に活用
RoomClipは約30万人のインテリア好きユーザーが集まる日本最大のインテリアSNSで、これまでに人が実際に住んでいる部屋の写真が約30万枚投稿されています。BeauBelleはレベルの高いDIY家具の写真が多くRoomClipに投稿されていることに着目し、RoomClipのユーザーの作品を商品開発に活用することとしました。

【今後の予定】
RoomClipは今回の取り組みの結果を反映した上で、インテリア企業がRoomClip内に投稿されたユーザーの写真やコメントを商品開発やマーケティングに活用できる機能を年内にも追加する予定です。

Tunnel株式会社 概要
代表者 : 代表取締役社長 高重正彦
設立  : 2011 年11 月24日
所在地 :東京都千代田区神田佐久間町1-8-4 アルテール秋葉原801
事業内容: スマートフォンアプリ及びウェブでの「RoomClip」の提供
E-mail:info@tunn-el.com
問い合わせ先:080-4023-8359(川本)

株式会社日昇 概要
代表者 :代表取締役社長 高橋重憲
設立  : 2001 年7 月26日
所在地 :愛媛県伊予市下吾川949-3
事業内容: インテリア照明・家具の企画、オンラインサイトの運営
E-mail:s-nakano@kaiteki-homes.com
問い合わせ先:080-3843-0223(中野)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング