【日本タレント名鑑】バラエティ番組から若手俳優が消えた!?若手俳優ブレイクルートの変遷を探る!

PR TIMES / 2014年11月19日 14時42分

「日本タレント名鑑」を発行するVIPタイムズ社が、40年以上タレント情報を取り扱ってきた強みや知見を活かし、芸能界を様々な切り口で分析するコンテンツ「タレメreport」。第四弾となる今回は「バラエティ番組から若手俳優が消えた!?若手俳優ブレイクルートの変遷を探る!」を公開しました。



1970年の創刊以来、各メディアの制作現場にて愛用されている『日本タレント名鑑』を発行する株式会社VIPタイムズ社(本社:東京都渋谷区 代表取締役:井草睦子)が、新しいコンテンツとしてスタートした「タレメreport」の第四弾として「バラエティ番組から若手俳優が消えた!?若手俳優ブレイクルートの変遷を探る!」を『日本タレント名鑑webサイト』( http://www.vip-times.co.jp/ )で公開しました。

***********************************************************

バラエティ番組から若手俳優が消えた!?若手俳優ブレイクルートの変遷を探る!

一昔前の若手俳優の売り出し方と言えば、バラエティのひな壇前列に「イケメン班」として配置されたり、番組内のワンコーナーを任され、レポーターなどでお茶の間に顔をうり認知を上げて、CM出演⇒ドラマ出演、というのがひとつ定番の流れでした。

現在も女性タレントにおいてはその手法はいまだ王道です。『ロンドンハーツ』などは、過去に小沢真珠のブレイクのきっかけになりました(現在はバラエティアイドルの登竜門としての色が強く、女優さんの活躍が少ないのが残念ですが)。また、南明奈・岡本玲・高梨臨・波瑠・桐谷美玲と、そうそうたる顔ぶれ、さらに朝ドラ主演女優の杏、最近話題の鈴木ちなみまでをレポーターとして起用していた『めざましテレビ』など、朝レポはバラエティからドラマ界への大きなルートのひとつといえるのではないでしょうか。ところが、男性俳優に置き換えると、一転してこの公式が当てはまらないのです。

■話せて若くて元気!なだけではもう弱い!?

若手お笑い芸人の数が増えているにも関わらずお笑いネタ番組が減少し、さらに「話せて若くて元気」その上面白い!という男性タレントが十分に存在している事もあってか、バラエティ番組での若手俳優の露出のチャンスは地上波から減りつつあるように思います。

バラエティ番組の構成も「大御所・芸人・ビジュアル班(男)・ビジュアル班(女)」といったレギュラースタイルから、「大御所・中堅芸人・若手芸人・ビジュアル班(女)」、敢えて追加するなら女性お笑いタレント、そして番宣班でイケメン枠は事足りる・・・という状況に変わってきています。若手俳優が座っていたビジュアル班(男)のイスは、いまや面白くて元気な若手芸人達に取って代わられたと言えるのかもしれません。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング