1型糖尿病の選手からなるチーム ノボ ノルディスク、2014ジャパンカップサイクルロードレースに初参戦 -糖尿病の克服(Changing Diabetes(R))を目指す-

PR TIMES / 2014年9月12日 14時12分

ノボ ノルディスク ファーマ株式会社(社長:クラウス アイラセン、本社:東京都千代田区)は、アジア最大の自転車競技の1つである2014ジャパンカップサイクルロードレース(10月19日宇都宮市)に、全員が1型糖尿病をもつプロサイクリングチーム「チーム ノボ ノルディスク(TNN)」が参戦することをお知らせいたします。また、10月18日の2014ジャパンカップクリテリウムにも参戦します。



2012年12月、ノボ ノルディスク社はチームメンバー全員が糖尿病というユニークなスポーツチームとパートナー契約を締結。チーム ノボ ノルディスクとして始動しました。今回のジャパンカップへ参戦するのは、世界初の1型糖尿病をもつ選手からなるプロサイクリングチームで、所属するメンバー18名のうち下記の5名です。

チーム ノボ ノルディスクの選手は、1型糖尿病を発症しましたが、スポーツの才能をもち、その夢の実現のため治療に積極的に取り組み、糖尿病をコントロールしながら、世界各地のトップレースに出場し活躍しています。

1型糖尿病はすい臓からインスリンが分泌されないため、1日数回のインスリン注射が必要です。チームの共同設立者で今回ジャパンカップにも参戦するジョー エルドリッジ選手は、「糖尿病を管理できれば、人生のどんなことにも対処できる。糖尿病があるからといってやれないことはない」といいます。

チーム ノボ ノルディスクのミッションは、糖尿病とともに生きる人々を元気づけ、治療に積極的に取り組み、それぞれの人生の目標に向けて生きていくことを応援することです。ノボ ノルディスク社は、チーム ノボ ノルディスクと一緒に、糖尿病とともに生きる人たちが、自分の夢を実現できるように前向きに糖尿病と向き合い、それぞれの人生の目標に向けて糖尿病を克服していくことを応援しています。

ジャパンカップについてはこちらをご覧ください:http://www.japancup.gr.jp/2014/roadrace-outline

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング