成人2型糖尿病における心臓の健康維持にピスタチオが役立つ可能性

PR TIMES / 2014年8月26日 16時3分

米国心臓協会誌に発表された研究では 血管が弛緩、拡張することがストレステストで確認

2014年8月11日、米国カリフォルニア州フレズノ発 - ペンシルバニア州立大学の研究で、健康的な食事にピスタチオを取り入れることの利点が、2型糖尿病の成人患者に認められることが判明し、米国心臓協会誌オンライン版に発表されました。
コントロールが良好な2型糖尿病成人患者であり糖尿病以外の点では健常な人を被験者として臨床試験を実施したところ、ピスタチオを含む食事を摂取した後には標準的な低脂肪食よりもストレス反応が良くなったことが示されました。毎日の健康的な食事にピスタチオをカロリーベースで20%含めることで、末梢血管抵抗が有意に減少し、心拍出量が増大し、心拍数のばらつきが一部改善され、加えて重要なこととしては、外来収縮期血圧が低下しました。




ペンシルバニア州立大学の生物行動栄養科学の主任研究員兼教授のシーラ・G・ウエスト博士らは、LDLコレステロール値が高くストレスを感じている成人を対象とした研究で、同様の利点が見られた結果を2年前に発表しています。有塩無塩を問わず、ピスタチオはハイリスクグループにおいて心臓の健康を考えた食事に役立つ食品であることがますます明らかになってきています。ピスタチオには、良質の脂肪、繊維質、カリウム、マグネシウムが含まれています。

このペンシルバニア州立大学の研究では、試験食として、低脂肪食および高炭水化物を含む低脂肪食(脂肪分27%;飽和脂肪7%)、および全体カロリーの20%に相当するピスタチオを含む中脂肪食(脂肪分33%;飽和脂肪7%)を比較しました。ピスタチオは1食分として有塩と無塩を同量使用しました。すべての種類の食事を試験参加者30名に提供しました。参加者は年齢が40~74歳からで、男女同数です。被験者のカロリーレベルはハリス-ベネディクトの式を使って求め、試験期間中を通じてカロリーや体重に変動がないようにしました。

西洋の典型的な食事での2週間のならし期間を経て、1回目の試験食が開始されました。参加者は、試験開始の少なくとも2週間前からすべてのサプリメントの使用を中止しました。その後、各試験食を4週間摂取し、試験食が変わる際には、間に2週間の休止期間をはさみ、バランスが取れるような順番でランダム化しました。ならし期間を含めたそれぞれの食事期間の終了時に、参加者に対して総括試験を実施しました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング