来たる9月1日「防災の日」に向けて 「想像から始める“防災・減災”対策」をテーマにした番組を 8月22日から政府インターネットテレビで配信開始

PR TIMES / 2013年8月29日 11時39分

~さらに「一人一人の防災対策」「応急手当の重要性」についても解説~



9月1日「防災の日」を中心とした防災週間(8月30日~9月5日)に向けて、日頃からできる心掛けや、いざという時に役立つ防災・減災対策をご紹介します。 これから台風シーズンなど自然災害が発生しやすい時期に入ります。いま一度自分自身の防災意識や身の回りの対策を見直せるように、「想像から始める“防災・減災”への取組」を政府インターネットテレビで8月22日から配信開始いたします。さらに、「一人一人の防災対策」や「応急手当の重要性」についても分かりやすく解説します。

もし自分が災害にあったら・・・

想像から始める防災・減災への取組を映像でご紹介

徳光和夫さんと木佐彩子さんのお二人がゲストとともに、様々な政府の取組などを紹介する政府インターネットテレビ番組「徳光&木佐の知りたいニッポン!」。今回取り上げたテーマは、防災の日に向けた「想像から始める“防災・減災”」です。
具体的には、東京大学大学院の目黒公郎教授の考案した災害時の状況やその時の自分の行動をイメージトレーニングするツールである『目黒巻』、被災者の体験談を継続的に後世に伝え続ける内閣府の『一日前プロジェクト』、さらに東京・有明にある防災体験学習施設「そなエリア東京」で首都直下大地震の発生から避難までをクイズ形式で体験できる『東京直下72時間ツアー』などについて、番組内で紹介しています。

<現在放映中の番組はこちらからご覧になれます>
想像から始める“防災・減災”
URL: http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg8318.html

政府インターネットテレビ
http://nettv.gov-online.go.jp/


防災対策で大切なことは、自分の身の安全を守るために一人一人が取り組む「自助」

一番大切なのは、一人一人が取り組む防災

災害による被害をできるだけ少なくするためには、一人一人が自ら取り組む「自助」、地域や身近にいる人同士が助け合って取り組む「共助」、国や地方公共団体などが取り組む「公助」が重要だと言われています。その中でも基本となるのは「自助」、一人一人が自分の身の安全を守ることです。特に災害が発生したときは、まず、自分が無事であることが最も重要です。「自助」に取り組むためには、まず、災害に備え、自分の家の安全対策をしておくとともに、家の外において地震や津波などに遭遇したときの、身の安全の守り方を知っておくことが必要です。また、身の安全を確保し、生き延びていくためには、水や食料などの備えをしておくことも必要です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング