「2014年本屋大賞」の大賞作品は、和田竜さんの『村上海賊の娘』!

PR TIMES / 2014年4月9日 11時36分

出版業界活性化のために全国書店員が有志で立ち上げ、NPO法人本屋大賞実行委員会が運営する「本屋大賞」。「2014年本屋大賞」が2014年4月8日(火)に発表となり、和田竜さんの『村上海賊の娘』に決定いたしました。



出版業界活性化のために全国書店員が有志で立ち上げ、NPO法人本屋大賞実行委員会が運営する「本屋大賞」。
通信教育を手掛ける株式会社ユーキャン(東京都新宿区 代表取締役社長:品川 泰一)は、同賞の設立趣旨に賛同し、出版業界の発展に寄与することを目的に2006年より協賛しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本屋大賞とは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「本屋大賞」は、新刊書の書店(オンライン書店も含みます)で働く書店員の投票で決定するものです。対象期間中(1年間)に発刊された日本の小説の中から、書店員自身が自分で読んで「面白かった」、「お客様にも薦めたい」、「自分の店で売りたい」と思った本を選び投票します。(本屋大賞HPより)

▼本屋大賞 詳しくはこちら
http://www.u-can.co.jp/nr1404091

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「2014年本屋大賞」は 和田竜さんの『村上海賊の娘』に!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「2014年本屋大賞」発表会が、2014年4月8日(火)に明治記念館にて行われ、2012年12月1日から2013年11月30日の間に刊行された(奥付に準拠)日本の小説(判型問わずオリジナルの小説)の中から、和田竜さんの『村上海賊の娘』が見事、今回の本屋大賞に選ばれました。

著者の和田竜さんには、10万円の図書カードの他、ご本人のご希望で
株式会社ユーキャンの
・『タニタ式スマートボディ講座』(通信講座)
http://www.u-can.co.jp/nr1404092
・『藤山寛美十八番箱 DVD全12巻』
http://www.u-canshop.jp/kanbi/
を副賞として贈呈いたしました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「2014年本屋大賞」ノミネート作品はこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
多数の書店員からの支持を得た、2014年ノミネート作品はこちらです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング