カタールフレンド基金  新規支援プロジェクトの本契約を締結

PR TIMES / 2014年12月10日 19時3分

「災害に強い社会のための提言と人材育成プロジェクト」 ~約3千万円の資金を援助~

東日本大震災の被災地復興支援プロジェクトに資金を援助するカタール国の基金「カタールフレンド基
金(以下QFF)」(議長:ユセフ・モハメド・ビラール駐日カタール国特命全権大使)は、去る11月21日(金)在日カタール大使館において、新たに支援を決定した「災害に強い社会のための提言と人材育成プロジェクト」の本契約を締結し、調印式を執り行いました。




本プロジェクトは、男女共同参画と災害・復興ネットワーク(「JWNDRR」、所在地:千葉県千葉市、代表:堂本暁子)と公益財団法人日本女性学習財団(「JAWE」、所在地:東京都港区、理事長:村松泰子)により運営されます。プロジェクトの全般的な目標は、防災対策やその実施においてジェンダーの視点を主流化し、世界各地で防災活動への女性の参画を促進することです。そのために、2015年3月に宮城県仙台市で開催される第3回国連防災世界会議(*)で改訂予定のポスト兵庫行動枠組(HFA2)(**)にあらゆるレベルの意思決定過程への女性の参加を確保するすための提言を行います。

また、第3回国連防災世界会議の開催期間中、2015年3月18日(水)に仙台市で国内外の専門家が参加するパブリック・フォーラムを実施し、女性の防災力を強化するトレーニング・プログラムについて議論を深め、2025年に向けて世界各地で女性リーダー育成の実施を目指します。こうした人材育成については、国、地方自治体をはじめ、国連機関、NGO,女性団体などが実施できる女性リーダー育成プログラムを開発し、安全で災害対応力の高いコミュニティを構築するための活動を行います。2015年1月~4月までの間には、ジェンダー問題と災害に関するリーダー研修会の実施を被災3県で予定しています。この研修会には各20人ずつが参加する予定です。

*第3回国連防災世界会議: 国連防災世界会議は、国際的な防災戦略について議論する国連主催の会議であり、第1回(1994年、於: 横浜)、第2回(2005年、於: 神戸)の会議とも日本で開催。第2回会議では、2005年から2015年までの国際的な防災の取組指針である「兵庫行動枠組(Hyogo Framework for Action 略称 HFA)」が策定されるなど、大きな成果をあげている。第3回国連防災会議仙台開催実行委員会ホームページ: http://www.bosai-sendai.jp/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング