常識をぶち壊すアイデアを募集  『治験』を変えるデザインコンペを開催 アイデア報酬10万円 実現したら100万円

PR TIMES / 2014年2月19日 16時30分



インターネットを活用した治験マッチングサービス「ボランティアバンク」を運営している株式会社ヒューマ(東京都港区、代表取締役社長:三原酉木)では、治験の現状を広く世間に訴えられるアイデアを公募します。


≪アイデア募集≫

治験参加者に社会人が多いこと、治験は病院に缶詰になるものだけじゃないこと、30、40代が参加者の中心であること等、治験に関する情報は一般的に考えられている治験のイメージとはかい離しています。そこで、治験の新しい捉え方や切り口として治験の認知を進めるためのアイデアを公募にて募集したいと考えました。公募の結果実際に実現したいアイデアが生まれた場合は、本格的に実現に向けて話し合いを進めて参ります。職業、性別問いません。世間の思っているイメージを変えていく(壊していく)仕事を一緒に行いませんか?


◆治験のイメージが思っていた以上に良いものだった

治験に否定的なイメージを持つ方は全体の8%程度

2013年8月、ヒューマが運営する治験情報サイト「ボランティアバンク」の会員を対象に行った『治験に対するイメージ』アンケートの結果、治験に対してのイメージが中立的(良くも悪くもない)と肯定的で8割以上を占める結果となりました。否定的と回答した方は僅か8.4%でした。その他、1度治験に参加した人のリピート意識が98%を超えたこと、治験参加者の3割~4割程度が社会人であるという点など、普段感じていた認識と比べて大幅なギャップがあることが分かりました。


◆治験説明会を随時行います

2014年3月~4月まで随時治験アイデア公募に関する説明会を開きます。

(弊社オフィスにて開催予定)

治験の抱える課題や、実態。商業的メリットにも踏み込んだ内容に致します。

まだ広まっていない治験業界だからこそ、アイデア1つ、考え方一つでまだまだ盛り上げることが出来る業界です。

今回のリリースでは載せられなかった情報も沢山ございますので、是非ご検討下さい。

◆動画、静止画、イベント、広告、手法は問いません

治験の認識を広げられる考えであれば、手法は問いません。

アプリ製作ができる、動画制作ができる、イラストがかける、音楽が作れる、ビジネスプランがある、などご自身の考える手法で治験を広めるという目的に向かったアイデアをお待ちしております。


◆アイデアを実現した際には報酬最大100万円

採用するアイデアがあった場合、まずアイデア報酬として10万円をお支払致します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング