GEとPTCがリセラー契約締結 共同開発・販売・マーケティング活動分野で協業拡大

PR TIMES / 2013年12月10日 17時51分

統合PLM-MESソリューションを提供

【2013年12月10日】PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC、社長兼CEO:ジェームス・E・へプルマン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 宏昭)は、本日、PTCとGE Intelligent Platforms社(以下、GE)が、両社の協業により、製品設計と生産実行のプロセスのクローズドループを実現するソリューションを提供する取り組みを加速させるとの米PTCの発表を明らかにしました。GEは、同社の製造実行システム(MES)と組み合わせたPTCの製造工程管理ソフトウェアの再販を開始しました。PTC Windchill(R) ソリューションからGE Proficyへの製造情報の直接転送はすでに実現していますが、両社は、さらに高度な統合クローズドループソリューションの提供開始を2014年に予定しています。

PTCとGEは、ネットワーク化されたスマートプロダクトの急増により製造業に変革をもたらす「インダストリアル・インターネット」という共通のビジョンを共有しています。そのビジョンを反映し、両社は、この急拡大する市場の要求に協力して対応すべく、営業、マーケティング、サービス、サポート、開発における協業を開始しています。

PTCとGEは、製品ライフサイクル管理(PLM)とMESに関わる業務プロセスの業界ベストプラクティスに基づくソリューションの統合を進めています。このジョイントソリューションは、設計、製造、生産部門に存在する製品情報のクローズドループを管理するものです。設計が定義する製品構成と3次元の製品データは、基礎データとして製造工程や製造部品表(M-BOM)の作成に使われ、それがさらに生産現場の作業の管理やERPシステムとの連携に利用されます。As-Built BOM(生産時の部品表)等の生産現場の情報はPLMやERPシステムとも共有され、設計とのクローズドループが完結します。最終製品全体の情報はサービス部門とも共有され、サービスの提供やパフォーマンスの最適化にも活用されます。この統合ソリューションにより導入期間の短縮や総所有コスト(TCO)の低減が見込まれます。

GE Intelligent Platforms社ソフトウェア&サービス事業部門ゼネラルマネージャのジム・ウォルシュ(Jim Walsh)氏は「製造企業は製品投入期間を短縮し、生産コストを低く、製品品質を高く維持することを特に重視しています。これらの目標を達成するには、製品を設計された通りに確実に製造することが極めて重要です。PTCのPLMソリューションはGEのProficyソリューションを補完する最適なソリューションです。GEは、この真の差別化を実現するソリューションを提供し、顧客の最も重要な課題の一つを解決する機会が与えられたことで、大きな活力がもたらされています」と述べています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング