More than just a tote bag

PR TIMES / 2014年9月5日 15時58分

単なるトートバッグじゃない

MONKIがプラン・インターナショナルのBecause I am a girlキャンペーンを支援

MONKIはPlan International(プラン・インターナショナル)に協力し、グローバルキャンペーンBecause I am a Girl (女の子だから) を支援します。9月4日以降、MONKIにてお買い上げいただいたトートバッグひとつにつき 50円がPlan International、すべての女の子が教育を受ける権利を守るために役立てられます。トートバッグはMONKIの伝統です。スカンジナビア発のファッションブランドMONKIはユニークなプリントやキャッチコピーなどを提供していることで広く知られ、このコラボレーションの推進役としてトートバッグが選ばれたのも、ごく自然な流れでした。

「MONKIは、カスタマーの皆様とこのプロジェクトをシェアできることを楽しみです」とMONKIのCSRコーディネーターのIrene Haglundはコメントしています。「若い女性を支援するPlanの取り組み、特にこのBecause I am a Girlキャンペーンには、私たちの心に強く訴えかけてくるものがあります。世界中のMONKIフレンズも、必ず賛同してくれると思います。」

Because I am a Girlは、1人の女の子の将来を変えれば、彼女が暮らす地域社会全体を変えることができるという考えに基づいたグローバルキャンペーンで、世界で最も貧しい国々の女性も教育を受けられることを目指しています。「世界中のすべての女の子に、少なくとも9年間の教育を」 ― プロジェクトの目標は高く設定されています。

「世界的に、日常的な現実として存在する貧困や暴力、差別によって5人に1人の思春期の女の子が学校に通えないでいます」と、Planスウェーデンの広報担当SofiaKlemming Nordenskiold氏は語っています。「女の子を学校へ行かせてあげることが、貧困に打ち勝つ最も強力な手段のひとつであると十分に分かっています。MONKIやMONKIのカスタマーの皆様が私たちの取り組みに力を貸してくださることを、心から嬉しく思います。


MONKI
2006年のブランド設立以来、成長を続けているMONKI。現在ではヨーロッパ9カ国、日本、中国、マレーシアに進出して85を超える店舗を展開しているほか、ヨーロッパ18カ国に向けたオンラインストアを持っています。MONKIはH&M(ヘネス・アンド・マウリッツ)傘下のブランドです。

Plan International
75年以上前に設立されたプランは、世界で最も長い歴史と最大の規模を持つ、子どもの権利のための組織のひとつです。子どもの権利への理解を促し何百万人という子どもたちを貧困から救うため、アフリカ、アジア、アメリカの50カ国で活動を展開しています。現在、プランは90,229の地域社会で7,800万人の子どもたちのために取り組みを続けています。プランは独立機関です。いかなる宗教、政治、政府にも属しません。プランのBecause I am a Girlキャンペーンは、世界中の女の子たちが知識や技能を身につけ、自分自身の人生や自分を取り巻く世界を変えるために必要なサポートが得られるよう、支援していくことを目的としています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング