「第4回リノヘ゛ーションアイテ゛アコンヘ゜」応募登録開始 テーマは「萌える防災」

PR TIMES / 2014年5月31日 10時6分

 一般社団法人リノヘ゛ーション住宅推進協議会(東京都渋谷区、会長:内山博文 http://www.renovation.or.jp/)は「リノヘ゛ーション EXPO JAPAN 2014」の 一環として、「第4回リノヘ゛ーションアイテ゛アコンヘ゜」(以下、「本コンヘ゜」と略)を開催いたします。今年の募集テーマは「萌える防災」。オリンピックに向けて建て替えが進められる「木造密集地域」を、どのようにリノベーションの手法で変えることができるのか、多様なアイデアを募集します。
 審査委員長に社会テ゛サ゛イン研究者(カルチャースタテ゛ィース゛研究所代表取締役)の三浦展氏を審査委員長に迎え、建築・不動産業界の審査員に加えて、ライフスタイルフ゜ロテ゛ューサー村上萌氏、南房総リハ゜フ゛リック代表理事て゛「週末は 田舎暮らし」の著者、馬場未織氏なと゛多様な審査員と共に、多くのご参加をお待ちしております。



【報道関係者各位】

一般社団法人リノヘ゛ーション住宅推進協議会(東京都渋谷区、会長:内山博文 http://www.renovation.or.jp/)は「リノヘ゛ーション EXPO JAPAN 2014」の 一環として、「第4回リノヘ゛ーションアイテ゛アコンヘ゜」(以下、「本コンヘ゜」と略)を開催いたします。


オリンヒ゜ックに向け建て替えか゛進む「木造密集地域」に未来はあるのか?

「リノヘ゛ーション」は古い建物を改修して使用する行為か゛発端て゛すか゛、今て゛は、地域活性の領域なと゛、発想の転換を伴いつつ多様な 領域・視点を提供する包括的なソリューションて゛す。今年のアイテ゛アコンヘ゜は、上記のようなリノヘ゛ーションの現状をふまえつつ、街の魅力を形作る大きな要素て゛もある「木造密集地域 (以下、「木密」)を対象としました。木密エリアは、震災や火災て゛大きな被害を被るエリアとして建て替えの重点地域に認定され ています。しかし、吉祥寺のハモニカ横町のように、人か゛生き生きと暮らす上て゛、重要な拠点となっていることも否めません。
 行政主導て゛建て替えか゛進む木密地域の、「良さ」は残しつつ、「防災」もカハ゛ーて゛きるような、リノヘ゛ーションの発想を持った多様 なアイテ゛アを募ります。
 応募資格は、個人・ク゛ルーフ゜を問わす゛、年齢も職種・職歴も問いません。提案内容も、建築的なアイテ゛アはもちろん、ヒ゛シ゛ネスモテ゛ル や制度やサーヒ゛ス、まちつ゛くり手法、メテ゛ィアなと゛、シ゛ャンルを問わす゛募ります。建築、テ゛サ゛イン、不動産、まちつ゛くり、行政、ヒ゛シ゛ ネス・・・様々な分野からの応募を期待しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング