メンター・グラフィックス、XS Embeddedを買収、オートモーティブ向け製品ラインを拡充し、量産開始(SOP)までの時間を短縮

PR TIMES / 2014年7月9日 10時31分

メンター・グラフィックス・コーポレーション(本社: 米国オレゴン州、以下メンター・グラフィックス)は、自動車システムアーキテクチャおよびハードウェアのリファレンスプラットフォームのテクノロジリーダーであるXS Embedded GmbH(本社: ドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルク州、以下XSe)を買収したことを発表しました。



XSeは、カーエレクトロニクス設計業界において、過去10年以上にわたり20件にも上るハードウェアおよびソフトウェアの専門知識を集約させる自動車開発プロジェクトに携わってきた直接的実績を持ち、オートモーティブグレードのハードウェアとソフトウェアを提供することによりシステム設計と検証を加速するパイオニア的アプローチをもたらし、量産開始(SOP)までの時間を短縮します。本買収により、ADAS(Advanced Driver Assistance Systems)、ドライバ情報システム(DIS)やインフォテイメントなどの個々のドメインを統合していこうとするトレンドの具現に求められる、機能横断型コラボレーションに対応するメンター・グラフィックスの体制が整いました。

現代の車載システムは、高品質なグラフィックス、用途別専用オーディオ、マルチメディア、モバイルデバイスの統合やコネクティビティなどの機能を組み合わせることにより、機能豊富な組込みシステムのテクノロジの枠を押し広げています。設計課題は山積で、車両あたり数百万行にもおよぶコード、ドメインを超えた機能集約、重要視される安全性とセキュリティ、そしてヘテロジニアスのマルチコアSoCの使用などが列挙されます。このような課題は、顕著なコストプレッシャーや、従来は数年であったシステム開発のライフサイクルと消費者が期待する最新テクノロジの恒常性とのギャップにより、ますます深刻になっています。「XSeは、自動車分野での深いノウハウと、オートモーティブレディのリファレンスボードおよびソフトウェアモジュールであるAXSBのようなユニークなIPで認知されています。XSeが持つハードウェアおよびアーキテクチャ設計のノウハウとメンター・グラフィックスのAndroid、Linux(R)、AUTOSAR、セキュリティとハイパーバイザソリューションを含む広範囲に及ぶオートモーティブテクノロジを組合せることにより、SOPまでの時間を短縮しつつ、より高い柔軟性を提供することができます。」メンター・グラフィックス、Embedded System Division、General Manager、Glenn Perryは、上記のように述べています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング