SADDLE BLOSSOMS/TURNTABLE RIDERがポーランドの美術展示会に展示!

PR TIMES / 2014年5月30日 13時58分

COGOO BICYCLEのプロモーション企画

リレーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:長谷川博章)が自転車シェアサービス「COGOO BICYCLE」のプロモーションのために発表したプロジェクト「SADDLE BLOSSOMS PROJECT」及び「TURNTABLE RIDER PROJECT」がポーランドの美術展示会「Velodream」に展示されます。



「Velodream」とは、5月30日~8月14日までポーランドのブロツワフ市で開催されている自転車の社会的価値を紹介する展示会です。単なる乗り物ではなく、自転車が都市を支配するほどパワフルなものとなった理想的な未来を描くことをコンセプトし、自転車を自由・解放・進化の象徴、そして近代的でダイナミックに変化する都市の証として捉えています。


【SADDLE BLOSSOMS PROJECTについて】

“見過ごされている時間を、鑑賞する対象へ。”

「SADDLE BLOSSOMS PROJECT」とは、廃棄予定の自転車サドルを、植物を育てるプランターにリサイクルし、自転車が放置されている期間に育てた植物の成長を通じ、見過ごされている放置時間への気づきをつくるアートプロジェクトです。放置自転車の時の経過を時計に見立て印象的に表現した、新しいアートフィルムです。30日間放置自転車を定点撮影してつくられた、サドルから育つ植物の神秘的な成長映像は必見です。


■スペシャルムービー「BICYCLOCK」
http://youtu.be/6tlyrDCb8H4

■ スペシャルムービー「ALIVE」
http://youtu.be/pfKz-jOz2hU

■「SADDLE BLOSSOMS PROJECT」WEBサイト
http://cogoo.jp/saddleblossoms
※音声が出ますので、ご注意ください。

「SADDLE BLOSSOMS PROJECT」はTokyo Designers Week 2013にて展示され、アジア最大の広告祭であるADFESTで銅賞を受賞しました。


【TurnTable Rider Projectについて】

“自転車をシェアしよう。まるで音楽のように。”

「COGOO BICYCLE」の“自転車をシェアする楽しみ”を世の中に広めるために開発されたのが本製品「TURNTABLE RIDER」です。自転車に本製品を取り付けるだけで、車輪がジョグホイールになり、ブレーキがサウンドパッドになり、自転車に乗りながらのDJプレイが可能となります。1台の自転車をシェアすることから生み出される前代未聞のバイクミュージックパフォーマンスは必見です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング