『2014年秋の連休 航空券検索件数ランキング』

PR TIMES / 2014年8月18日 11時22分

ベトナム、グアム、カンボジアが人気急上昇!

海外旅行検索サイト、スカイスキャナー(本社:エディンバラ、代表取締役社長:ガレス・ウィリアムズ)は、2014年9月の敬老の日と秋分の日の連休に利用される航空券の検索数を集計いたしました。
対象としたのは、9月の連休の前日か連休開始日に出発し、連休最終日かその翌日に帰国する便の2014年7月1日から31日までの検索総数です。その結果、首位の日本を除くと、海外ではタイ、台湾、香港が上位3位を占めました。
昨年の同期間との比較も実施。ランキングが上昇している国は、ベトナム(10位→5位)、グアム(21位→13位)、カンボジア(20位→14位)でした。




<調査概要>
航空券の利用期間:
<2014年>
・出発が2014年9月12日、13日もしくは19日、20日
・戻りが 2014年9月15日、16日もしくは23日、24日
<2013年>
・出発が2013年9月13日、14日もしくは20日、21日
・戻りが2013年9月16日、17日もしくは23日、24日

検索期間:2013年7月1日~31日、2014年7月1日~31日

【2014年秋の連休 航空券検索件数ランキング 海外トップ10のご紹介】

1位:タイ(バンコク、プーケット、サムイ)

プーケット島は、日本からの直行便が就航しているアクセス良好なリゾート地。マリンスポーツを満喫できるほか、海辺で受けるココナツオイルのマッサージなど、南国気分が味わえます。フェリーに乗れば、映画「ザ・ビーチ」の舞台になったピピ島もすぐ近くです。
現地の風習に関心のある方はタイ南部の伝統行事「十月祭(サー・ドゥアン・シップ祭)」を見学してみては(9月17日~26日)。伝統的な衣装をまとい、亡くなった先祖の霊を慰める踊りなどを見ることができます。


2位:台湾(台北、高雄)

観光スポットとして人気の地域が、映画「非情都市」の舞台になった「九份」。ランタンが並ぶレトロな町並みのなか、映画の登場人物になった気分を味わえます。また、新幹線や国内便が充実した台湾では、台北から日帰りで行ける観光地が多数。イルカウオッチングのポイントがある花蓮、第2の都市・高尾、離島へ気軽に足をのばせます。
台湾ならではの食の楽しみが中国茶。茶芸館で味わえるほか、茶葉料理の専門店ならではの香り高いお茶を使ったフルコースを満喫してみてはどうでしょう。

3位:香港(香港)

食の都・香港で話題の店が「何洪記」。ミシュランで紹介された店の中で“世界で最も安い”言われるワンタンが約400円で味わえます。買い物を楽しみたいなら、今年5月にオープンしたばかりの「PMQ」へ。香港のデザイナーやブランドのショップが一堂に会し、若手アーティストの作品も入手できます。自然を満喫できる島めぐりをするなら、香港ディズニーランドのあるランタオ島、坪州島が交通アクセスも良くてお勧め。海と山のリゾートが充実しており、香港の新しい魅力に出会えます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング