AWS Marketplaceにて提供されるAMIMOTO AMIのセキュリティ対策として「Trend Micro Deep Security(TM) as a Service」を提供

PR TIMES / 2014年9月24日 11時50分

~WordPressの安全な運用のための協業開始~

トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン、東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)と株式会社デジタルキューブ(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:小賀 浩通、以下、デジタルキューブ)は、デジタルキューブのWordPress運用パッケージ「AMIMOTO AMI」のセキュリティ対策として、サーバ向けクラウド型セキュリティサービス「Trend Micro Deep Security as a Service(以下、DSaaS)」を提供開始することを発表いたします。



 「AMIMOTO AMI」は、デジタルキューブがアマゾンウェブサービス(以下、AWS)のAWS Marketplaceにて提供している、Amazon Machine Image (以下、AMI)を活用したWordPress運用パッケージです。この度、DSaaSもAWS Marketplaceで「AMIMOTO AMI」のオプションとして提供開始します。利用者は、サービス申し込みと同時に、月額課金でセキュリティを付加したクラウドサービスを利用することが可能になり、クラウドの利点である可用性のあるサービスをより安全に利用することができます。DSaaSのライセンス提供と運用管理はcloudpack(運営:アイレット株式会社、本社:東京都港区、代表取締役:齋藤 将平、以下、cloudpack)から提供されます。

 Trend Micro Deep SecurityはAWSのクラウド環境上のシステムにおいて豊富な実績がある、サーバ向け総合セキュリティ対策製品です。ウイルス対策、ファイアウォールや脆弱性対策、ファイルやレジストリの変更監視、セキュリティログ監視機能などサーバ保護に必要なセキュリティ機能を一元的に提供します。DSaaSはこれらの機能をクラウド型サービスとして提供するもので、導入にあたり管理サーバを構築する必要がないため手軽に導入できます。ユーザはクラウド上の管理サーバにログインすることで、セキュリティ設定の変更やログ管理を行うことができます。

 今回の3社の協業により、ユーザは「AMIMOTO AMI」を利用し、セキュリティが強化されたWordPressにて、手軽に素早くWebサイトを構築することが可能です。DSaaSはAWS Marketplaceにて「AMIMOTO AMI」を申し込む際に、オプションとして表示され、まずは30日間の無償利用ができます。「AMIMOTO AMI」と同時にDSaaSをオプション購入し起動すると、インストールされている、アプリケーションの保護に必要な最低限のDSaaSのセキュリティ設定が自動的に実装されます。また、DSaaSの運用管理はcloudpackより提供されるため、ユーザはサーバ管理にかかる負担を低減できます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング