東大・小川紘一氏と共に「オープン&クローズ戦略とその構築」を発表

PR TIMES / 2014年12月1日 20時14分

~ “つながる“世界の経営戦略 ~



株式会社ドリームインキュベータ(東京都千代田区、代表取締役社長:山川隆義、以下 DI)は、同社特別顧問で、東京大学政策ビジョン研究センター・シニアリサーチャーの小川紘一氏と共著で、「オープン&クローズ戦略とその構築」についてまとめ、同社が発刊する経営戦略小冊子『Discovery』にて発表しました。さまざまなモノが “つながる”世界において製造業がとるべき経営戦略として「オープン&クローズ戦略」を紹介しています。

小川紘一氏は、「オープン&クローズ戦略」の第一人者であり、自社のコア領域をクローズにして利益の源泉を確保しつつ、市場との境界にオープン領域を設定することで、多くの企業を巻き込み、自社に優位なビジネス・エコシステムを構築することの重要性を提言しています。

本論では、ものづくりがソフトウェア・リッチに転換していく流れを、産業革命以降の第三の産業構造転換と捉え、この流れを加速する“つながる”世界の出現が、日本の製造業の戦い方に及ぼす影響を踏まえつつ、「オープン&クローズ戦略とその構築」について論じています。

DIは、今後も『Discovery』等を通じて最新の経営情報を発信し、日本ビジネスの活性化を目指すと同時に、小川氏を始めとする各業界の第一人者である特別顧問の知見を生かし、ビジネスプロデュースを加速していきます。

※『Discovery』最新号:「オープン&クローズ戦略とその構築」はこちらからPDFをご覧いただけます
  http://www.dreamincubator.co.jp/wp/wp-content/uploads/2014/11/Discovery.vol_.11.pdf
    (バックナンバーはこちら:http://www.dreamincubator.co.jp/discovery
※ DI特別顧問一覧 :http://www.dreamincubator.co.jp/top/corporate/senioradvisor


■ 小川紘一氏 プロフィール
東京大学政策ビジョン研究センター・シニアリサーチャー。経済産業省『産業構造審議会・競争力部会、情報経済分科会』の主査および、内閣府の『国際標準化戦略タスクフォース委員』座長代理などを歴任。富士通株式会社事業部長や東京大学知的資産経営・総括寄附講座特任教授を 経て2013年から現職。近著に、『オープン&クローズ戦略 日本企業再興の条件』(翔泳社)、『国際標準化と事業戦略』(白桃書房)。2010年よりDI特別顧問。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング