JBサービス、「Webサイト改ざん即時復旧サービス」を提供開始Webサイトの改ざん瞬間検知・瞬間復旧ソリューションWebARGUSを採用

PR TIMES / 2016年4月13日 12時1分

JBCCホールディングス株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:山田隆司)の事業会社でJBグループ(*1)のマネジメントサービス事業を担うJBサービス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三星義明)は、JBグループの運用センター「SMAC」でデジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:市川憲和、以下 DIT)のWebサイトの改ざん瞬間検知・瞬間復旧ソリューション「WebARGUS」の技術を利用した「Webサイト改ざん即時復旧サービス」を提供することを発表します。

ITの普及により多くのサービスや情報がWebで提供され、利便性が上がる一方、Webサイトの改ざんも多発しています。従来のいたずら目的や主義主張を表す内容に書き換えられるものから、不正サイトへの誘導や、Webサイトを閲覧しただけでマルウェアに感染させるドライブバイダウンロード攻撃など、ユーザーに深刻な被害を与えるものに、その内容は変化しています。改ざんの発見・対応の遅延は、多くのユーザーに被害を拡大し、企業の信用やブランド価値の失墜につながることもあります。

JBサービスは、このようなWebサイトの改ざんによる被害を防ぐため、「Webサイト改ざん即時復旧サービス」を提供します。運用センターSMACから、企業内やクラウド上に構築されたWebサイトを監視し、DITの「WebARGUS」の技術を利用して、改ざんを瞬時に検知し元の状態に復旧します。運用センターSMACで約15年に亘り培った豊富なノウハウと「WebARGUS」の独自性の高い技術を融合し、外部の攻撃からお客様の情報資産を守り、安心安全なWebサイトの運用を支援します。

DITは、「WebARGUS」のサービス提供パートナーとしてJBサービスを認定し、製品やテクニカル支援を提供すると共に、今後展示会やセミナーなどを通してJBサービスと共に製品の販売支援を行います。

JBサービスとDITは、2社にてお客様の安定した事業継続を支援し、JBサービスは「Webサイト改ざん即時復旧サービス」をはじめとした、運用センターSMACで提供するセキュリティ関連サービスの売上を2016年度末までに6億円を目指します。

【Webサイト改ざん即時復旧サービスについて】 http://www.jbsvc.co.jp/products/webrecover/

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング