『ゆびわ言葉(R)』で結婚指輪選び!新作デザイン登場のお知らせ

PR TIMES / 2014年10月24日 15時53分

婚姻率低下が叫ばれる中、想いで選ぶブライダルリングをテーマにしたAFFLUXから、新作デザインのブライダルジュエリーが登場しました。

「ゆびわ言葉(R)」で選ぶ、ブライダルリングで全国展開するアフラックスから新デザインの婚約指輪が登場しました。フラッグシップであるBRIDAL梅田店で先行発売を開始致します。



「たかが指輪にできることを」を胸に、カップルが生涯身に着けられる指輪を提供するブラダルジュエリーブランド、アフラックスは婚約当時の幸せいっぱいな気持ちをダイヤモンドの輝きに込めて着けてほしいと願いを込めて婚約指輪「Sentiment(センチメント)」と「Wonderful Days(ワンダフルデイズ)」を発表する。

1.Sentiment(センチメント)、ゆびわ言葉(R)は「愛され主義」。

女性が愛情に包まれているイメージからデザイン。可愛らしいピンクダイヤを温もりあるマフラーに見立てている。正面から見たときはシンプルでベーシックなスタイルだが身に着ける花嫁にだけピンクダイヤが輝く横顔がこだわり。まるで男性にマフラーを掛けてもらったように、手のひら側にもピンクダイヤがちょこんと留められている。どんなシーンでも活躍する。

2. Wondeful Days(ワンダフルデイズ)、ゆびわ言葉(R)は「感動の日常」。

何気ない日常にちりばめられた小さな感動。それはとても愛らしく大切なものであることを忘れずにふたりの愛をはぐくんでほしいと願いが込められている。小さな感動をダイヤモンドで表現。ダイヤモンドを留めている爪がダイヤを高く掲げている造りはダイヤモンド全体に光を取り入れることが出来る。柔らかな丸みを帯びた四角の取り巻きが大人な表情を際立たせており、様々な角度からデザインを楽しめる煌めき溢れるエンゲージリングに仕上がった。

4.フルオーダーに近い、無限大のセミオーダー。

デザイン企画から製作・販売まで一貫して行っているからこそ、全てのデザインで細かなセミオーダーを実現させるAFFLUX。素材やダイヤモンドも一粒単位からオーダーが可能なので、プラチナやゴールド、一粒だけダイヤモンドの色変更が可能。例えば4月挙式には、4つ目のダイヤモンドだけカラーダイヤモンドを留め、ふたりの記憶を刻むことが出来る。セミオーダー価格はプラス420円からとお手頃だ。また、サイズも指の形に合わせて0.25mm単位で調整してくれる。全て国内で職人が手作業にて仕上げていくので造りも安心だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング