タイムマシン つくりました。 4万5千人が並びました。

PR TIMES / 2018年1月4日 12時1分

東京原宿に「睡眠タイムマシン」 本年1月11日グランドオープンで稼働

 独自開発の『快感すぎる睡眠』絶頂睡眠とタイムマシンを融合。
「寝落ちから未来へ、稀に過去へ」タイムマシン施設が原宿にオープンします。



 日本で最初の頭の専門店「悟空のきもち」(本店 京都市)を運営する株式会社ゴールデンフィールド(社長 金田 淳美)は頭の筋肉に精通し、独自の触れかたにより10分程度で快感を絶頂に高め一気に寝落ちさせる絶頂睡眠のほぐし技術が人気を賜っています。

 予約上限の3カ月満席となっている大阪心斎橋・表参道・銀座や京都に加え、このたびリラックスとは真逆「楽しむ睡眠」をテーマにしたコンセプト店『悟空のきもち原宿神宮店』を1月11日グランドオープンいたします。

 当店の眠らせる技術を応用したタイムマシンに乗り、お客様を選択した未来に、記憶なく連れていくリアルな時間の旅をお楽しみ頂ける施設として誕生しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/20034/7/resize/d20034-7-864695-9.jpg ]

 快感の絶頂のタイムマシンとして、昨年末に告知したところ、約3万人が予約ページに殺到。第一次予約枠5000人分は開始約4分で完売。グランドオープン1週間前の現在キャンセル待ちで45,954人が並ぶなど、新体験に熱狂を頂いています。

■ 絶頂睡眠とは
 絶頂睡眠の技術は快感を頂点に高め、一気に落ちる気絶に近似する寝落ちが特徴です。
この技術は眠くない人でも10分程度で、ほぼすべての人を眠りにつかすことができます。
当店は、年間5万人以上の頭をほぐす技術研究にてドーパミンなど快楽ホルモンが生成される脳幹に、体で唯一直接繋がる頭部筋膜層への独自のアプローチ法を開発。
通常の安堵状態の寝落ちと異なる、絶頂状態から、一気に落ちる寝落ちは完成しました。
※今回の原宿神宮店は快感の絶頂から一気に動き出すタイムマシンに生まれ変わります。

 当店は、絶頂睡眠の快感で人気が沸騰、既存の全店舗上限の3カ月満席。今回の原宿神宮店を合わせキャンセル待ち総数は5店舗合計で現在22万人超を賜る評価を頂いております。


[画像2: https://prtimes.jp/i/20034/7/resize/d20034-7-642317-4.jpg ]

■ タイムマシンの経緯
 多くのお客様より、寝落ちかたや施術後の時間の感覚が「タイムマシン」と言われたのがきっかけ。この感覚を追求するため、有名テーマパークなど手掛ける建築・空間デザインチームの協力を頂き、リアル時間旅行の店舗として完成に至りました。
 原則、タイムマシンの行き先はコース選択した未来のみとなりますが、絶頂睡眠の施術は、温かく頭を触られながら眠ることから夢の中で幸せな幼少期など過去の原風景を見たというお客様の声も多く、快感のなかの「記憶と時間の旅」という弊社施術の醍醐味をタイムマシンに込めました。

※ご取材賜れば、快感の寝落ちとともに新感覚「記憶と時間の旅」の体験・撮影が可能です。

■「悟空のきもち」の主な特長
  店舗営業は、11時~夜 21時まで
  料金は2,050円~ ございます。
ホームページ  http://goku-nokimochi.com/(または、検索で「悟空のきもち」)


[画像3: https://prtimes.jp/i/20034/7/resize/d20034-7-297872-7.jpg ]



[画像4: https://prtimes.jp/i/20034/7/resize/d20034-7-916785-8.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング