2018年11月14日(水)世界同時公開『The Price of Free』~ノーベル平和賞受賞者 カイラシュ・サティヤルティ氏の児童労働撤廃への闘い~

PR TIMES / 2018年10月23日 12時40分

ACE主催無料上映会開催のお知らせ

世界の子どもを児童労働からから守るために活動する認定NPO法人ACE(東京都台東区、代表 岩附由香)は、2018年11月14日(水)、参議院議員会館において、ドキュメンタリー映画『The Price of Free』の無料上映会を開催いたします。
この映画は、2014年度ノーベル平和賞を受賞したインドの人権活動家カイラシュ・サティヤルティ氏の児童労働撤廃に向けた精力的な活動を描くドキュメンタリ―で、2018年1月に行われたアメリカの「サンダンス映画祭」では「 USドキュメンタリー部門グランプリ」を受賞し、公開を前に世界中から注目を集めています。
このたび、同氏の運営するカイラシュ・サティヤルティ子ども財団は、2018年11月14日(水)を「世界同時公開日」とし、現在世界中で展開されている「100ミリオン・キャンペーン」(*1) の一環として、世界中の学校、職場、地域などで無料の上映会を行うことを呼びかけています (*2)。日本ではACEが完成を記念してプレミア上映会を開催する運びとなりました。

映画および上映会の詳細は以下の通りです。



1.映画の概要
原題: The Price of Free
制作: アメリカ
監督: Derek Doneen
内容: インドの人権活動家カイラシュ・サティヤルティ氏が、どのように子どもたちを児童労働から救出し、グローバルなムーブメントを起こしたかを追ったドキュメンタリー。
上映時間: 1時間32分 (※日本語字幕付き)
受賞: サンダンス映画祭 USドキュメンタリー部門グランプリ受賞

2.ACE主催上映会の概要
日時: 2018年11月14日(水)午後4時00分~6時00分(午後3時30分開場)
会場: 参議院議員会館 101会議室(〒100-0014 東京都千代田区永田町2丁目1−1)
東京メトロ 有楽町線、半蔵門線、南北線「永田町駅」1番出口よりすぐ
東京メトロ 丸の内線、千代田線「国会議事堂前駅」1番出口より徒歩5分
※会場へは入館証が必要です。

参議院議員会館1階から入られて、入口に立っているACEスタッフからお受け取りください。

参加費: 無料
定員: 100名
主催: 認定NPO法人ACE(エース)

3.詳細および申込み案内
→  http://acejapan.org/form20181114

(申込期限: 11月12日まで。満席になり次第締め切ります)

注)
*1:  100ミリオン・キャンペーンとは
100ミリオンキャンペーンは、世界の子ども・若者(13~25歳)に「自由」「安全」「教育」が保障された世界を創るためにアクションを起 こそうという世界的なキャンペーンです。1億人の子ども・若者が、社会の底辺で暮らす1億人の子どものた めに立ち上がって、社会を変革するための活動を行います。世界から子どもに対する暴力と児童労働をなくし、教育の機会を保障することによって、暴力、貧困、非識字の連鎖を断ち切り、個々の可能性を発揮できる世界の実現が目的です。

このキャンペーンは、ノ−ベル平和賞受賞者のカイラシュ・サティヤルティ氏が発案し、2016年にインドでスタート。現在、日本の他、バングラデシュ、ブラジル、チリ、インド、ペルー、スウェーデン、トーゴ、英国、米国にそれぞれ国別計画グループ(National Planning Group)があり、またEducation InternationalとGlobal Campaign for Educationをグローバルパートナーとしています。

(ウェブサイト) http://100million.org/

*2: 世界同時上映会:カイラシュ・サティヤルティ氏ドキュメンタリー映画 The Price of Free~あなたも上映会を開催しませんか?

11月14日に『The Price of Free』の上映会を開催してくださる学校、団体、企業などを募集しています。
インターネットに接続できる環境であれば、どなたでも無料で上映会を開催していただけます。

ご関心がある方は、ACEのホームページからお申し込みください。
→  http://acejapan.org/info/2018/10/23422

(ご参考)
・カイラシュ・サティヤルティ氏について
「カイラシュ・サティヤルティ子ども財団」創設者
「児童労働に反対するグローバルマーチ」名誉代表
2014年ノーベル平和賞受賞者

1981年から長年児童労働問題に取り組み、救出やリハビリ施設を運営するインドのNGO、BBA(子ども時代を救え運動)を創設。これまで過酷な労働から解放した子どもの数は86,000人に上る。児童労働に反対するグローバルマーチの構想を提案、1998年に5大陸で市民を巻き込みマーチを実現、ILOでの最悪の形態の児童労働条約の採択につなげた。教育のためのグローバルキャンペーンの創設者として、各国の教育支援動員にも成功。児童労働のないカーペットのラベル“Good Weave”を創設し、消費者の意識啓発にも努めてきた。2014年、マララ・ユスフザイさんと共に「子どもや若者の抑圧、またすべての子どもの教育を受ける権利に対する闘い」の功績を認められ、ノーベル平和賞を受賞。

「カイラシュ・サティヤルティ子ども財団」  http://satyarthi.org/
「児童労働に反対するグローバルマーチ」 http://www.globalmarch.org/

・監督 Derek Doneen氏へのインタビュー動画(映画の一部をご覧頂けます)
(※このインタビュー動画には日本語字幕は付いておりません)
https://www.youtube.com/watch?v=qtQQOSHnFQk

以 上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング