世界食料デー記念シンポジウム: 2030年までの「ゼロハンガー」達成を目指して

PR TIMES / 2018年10月2日 3時40分

国際連合食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所は10月16日(世界食料デー)に、日本担当FAO親善大使の国谷氏、中村氏をお迎えし、「世界食料デー記念シンポジウム: 2030年までの『ゼロハンガー』達成を目指して」を開催いたします。



シンポジウムでは、最新の飢餓情報や「ゼロハンガー」達成に向けた活動などについて、FAO駐日連絡事務所長と国連WFP日本事務所代表による講演を行います。また、キャスター国谷氏によるモデレーターで、パネルディスカッションを行います。レセプションでは、日本人として初めてミシュランの星を獲得したフランス料理人中村氏より「スープ ド ポワソン」をご紹介いただき、私たちにも日頃からできる食料ロス削減対策を伺います。


日時: 2018年10月16日(火)
18:00~19:20 シンポジウム、19:30~20:30 レセプション

場所: 国連大学(渋谷区神宮前5‐53‐70) https://jp.unu.edu/about/contact-us#location
シンポジウム:アネックススペース(1階)
レセプション:レセプションホール(2階)

参加費:無料
定員: 先着100名(事前申込制)

共催: 国際連合食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所、国連世界食糧計画(WFP)日本事務所
協力: 日本ホテル株式会社、料理ボランティアの会


■シンポジウム プログラム■
18:00 開会挨拶 外務省経済局(調整中)
農林水産省大臣官房国際部(調整中)

18:10 講演 「飢餓の最新情報とFAOの取り組み」
FAO駐日連絡事務所 所長 チャールズ・ボリコ

18:25 講演 「紛争と飢餓―国連WFPの支援」
国連WFP日本事務所 代表 焼家直絵

18:40 講演 「SDG 2がすべての基盤をつくる(仮)」
日本担当FAO親善大使 国谷裕子氏

18:50 パネルディスカッション及び質疑応答
  モデレーター:日本担当FAO親善大使 国谷裕子氏
パネリスト: FAO駐日連絡事務所 所長 チャールズ・ボリコ
国連WFP日本事務所 代表 焼家直絵

19:20 閉会挨拶 外務省国際協力局(調整中)


■レセプション “Eco Banquet” ~食料廃棄削減へ向けて~■
19:30 オープニング挨拶 農林水産省(調整中)

「スープ ド ポワソン」 のご紹介 日本担当FAO親善大使 中村勝宏氏
日本人で初めてミシュランの星を獲得した日本担当FAO親善大使・中村勝宏氏より、通常廃棄されてしまう魚の“あら”などの部位を使ったスープをご紹介いただきます。一料理人として食料問題に取り組む中村シェフに、私たちにも日頃から実践できる食料ロスの対策を伺います。

20:30 クロージング挨拶 国連WFP日本事務所 代表 焼家直絵
FAO駐日連絡事務所 所長 チャールズ・ボリコ


■お申し込み方法■
下記のリンクからお申し込みください。
https://wfd2018.peatix.com/


■お問い合わせ■
国際連合食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所
Tel.: 045-222-1101 E-mail: FAO-Japan-Info@FAO.org

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング