トークンエコノミープラットフォームを提供しているICOVO AGが日本企業向けにプロダクトの開発支援を目的とした、100%子会社ICOVO Japanを設立。

PR TIMES / 2019年5月9日 10時40分

ICOVO Japanを通して、日本のブロックチェーン市場を活性化するためにブロックチェーン、トークンエコノミー関連プロジェクトの企画コンサルテーションからスマートコントラクトの開発まで支援。

トークンエコノミープラットフォームを提供するスイスのICOVO AGは、4月26日に100%子会社株式会社ICOVO Japanを東京に設立。



[画像: https://prtimes.jp/i/38771/7/resize/d38771-7-905827-0.png ]

ブロックチェーン関連メディアのBlockchain Insight、スマートコントラクトのDAICOVO、仮想通貨ウォレットICOVO Appを提供し、Non-fungible Token第一弾プロジェクトであるGene A.I.dolsに参画しているブロックチェーン関連企業ICOVO AG(本社:Zug,Switerland/CEO 山瀬 明宏、以下ICOVO(イコボ))が東京に100%子会社、株式会社ICOVO Japanを設立した。
ICOVO Japanは、ブロックチェーンのトップエンジニアであるCTOの西村、COOの小幡を中心に、ICOVO AGが持っているブロックチェーン関連の開発および運用ノウハウを生かして、日本企業向けにブロックチェーンを活用したプロダクトの企画コンサルテーションからスマートコントラクトの開発までトータルの支援を行う。

<ICOVO Japanについて>
商号:株式会社ICOVO Japan
代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO) 山瀬 明宏
取締役兼最高執行責任者(COO) 小幡 拓弥
最高技術責任者(CTO) 西村 祥一
最高財務責任者(CFO) 熊田 昌彦
本社:東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル
事業内容:日本企業向け、ブロックチェーン活用のためのPoC、プロダクトの企画開発支援。
株主:ICOVO AG 100%
設立:2019年4月26日

<ICOVO AGについて>
商号:ICOVO AG
最高経営責任者(CEO) 山瀬 明宏
最高財務責任者(CFO) 熊田 昌彦
最高技術責任者(CTO) 西村 祥一
最高執行責任者(COO) 小幡 拓弥
最高総務責任者(CAO) Oliver Gomm
本社:General-Guisan-Strasse 6 CH-6300 Zug Switzerland
公式サイト: https://icovo.co/
事業内容:ICO、STO、NFTセールなどのトークンを使った資金調達および販売を軸にしたトークンエコノミープラット フォームを企画開発しているブロックチェーン関連企業

<DAICOVOについて>
DAICOVOは、2018年1月にイーサリアムの創始者であるヴィタリック・ブテリン氏が提唱した非中央集権的な仕組みによる投資家保護の概念 DAICOを実現させるためにICOVOが開発したスマートコントラクト。現在オープンソースとしてGitHubで配布中。
https://github.com/icovo

<ICOVO Appについて>
ICOVO Appは、ICOVO のCTO西村がスクラッチから開発し既に運用実績を持っているウォレット「Tachyon(タキオン)」をベースにして開発したウォレット。ETHおよびERC20に対応し秘密鍵はデバイス内に安全に保管されます。マルチアカウント、マルチ通貨対応のプライベートウォレット機能を軸にしたICOに最適化されているiOS/Android対応のアプリ。無料アプリとして配付中。
https://itunes.apple.com/us/app/icovo/id1393849523
https://play.google.com/store/apps/details?id=co.icovo

<Blockchain Insightについて>
Blockchain Insightはこの分散化社会の潮流をとらえ、次世代のエコノミーとガバナンスを考えるための論点を提供し、これから事業を創る人たちがテクノロジーを理解し、新たなコンセンサスを形成できるよう、次世代を見据えた活動や新しい考え方を紹介していくメディア。
https://blockchain-insight.ch/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング