Balloonが手がけた、企画展「三蔵法師 玄奘」のビジュアル・アイデンティティーがイタリアの国際的デザイン賞「A’ Design Award & Competition」を受賞

PR TIMES / 2020年6月30日 10時40分

企業向けにアートディレクションやブランディングを行うBalloon株式会社(大阪府大阪市 代表:志水 良 以下、Balloon)は、龍谷大学 龍谷ミュージアム(600-8399 京都市下京区堀川通正面下る)が2015年に開催した企画展「三蔵法師 玄奘 迷いつづけた人生の旅路」(主催:龍谷大学 龍谷ミュージアム、法相宗大本山薬師寺、朝日新聞社、日本経済新聞社)のイベントにおけるビジュアル・アイデンティティー構築を手がけ、そのデザインが国際的な権威のあるイタリアの「A’ Design Award & Competition」において「Iron A’ Design Award」賞を受賞しました。




International A’ Design Award & Competitionについて

 受賞した「International A’ Design Award & Competition(エーダッシュデザインアワード&コンペティション)」は、優れたデザイナー、デザインコンセプト、プロダクト、サービスを表彰するコンペティションです。約100か国のデザイナーが参加しており、2019-2020年度の総応募者数は126,581件にのぼる世界最大規模のものです。180を超える国から応募されたすべての作品は、国際的にも著名な学者、有名なジャーナリスト、デザイナー、経営者たちによる厳正な審査を受け、104の異なるデザイン分野において2,094人の受賞者が選ばれています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/47415/7/resize/d47415-7-688400-0.jpg ]




アイコニックなシルエットとビジュアル・アイデンティティーの融合

 広く知られた三蔵法師というキャラクターを多角的な視点から取り上げた展覧会であり、そうした展覧会のコアコンセプトをできる限り汲み取り、デザインに落とし込む点を意識しました。祈りを捧げる人物のシルエットで絵画を切り抜きアイコニックに見せることで、借景を想起させるような奥行きのある構成とするなど、ビジュアルデザインに新しいアプローチを試み、その点が評価されました。
 Balloonでは、シンボルマークやグラフィックデザインだけにとどまらず、空間・プロダクトなどを含めたアートディレクションによるトータルな提案を行うことで、デザインのちからで対象物をより価値づけする取り組みを進めていきます。また、今後訪れる新たな生活様式・社会への備えと、これからあるべきデザインについて引き続きチャレンジングな取り組みを行っていきます。


[画像2: https://prtimes.jp/i/47415/7/resize/d47415-7-537072-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/47415/7/resize/d47415-7-626009-2.jpg ]



・企画展「三蔵法師 玄奘」Balloon Inc. 作品ページ
https://lloon.jp/portfolio-posts/sanzang-fashi-xuanzang/

・A' Design Award Immediate Release(英語)
https://competition.adesignaward.com/press-release.php?ID=88556


<Balloon株式会社 会社概要>
社名:Balloon株式会社
設立:2018年2月1日
代表:志水 良
事業内容:ブランディング業務・グラフィック、プロダクト、サイン、UI等デザイン全般に関する業務 広報・マーケティング支援、イベント・展覧会の設計およびデザイン業務他
本社所在地:〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1グランフロント大阪 ナレッジキャピタル8F

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング