アデコ、群馬県の未就職の若年層向け 「ものづくり」分野での職場実習と就職支援を実施

PR TIMES / 2013年1月23日 15時31分

‐県の就職支援事業「地域人材育成のための就業体験事業」を3回連続受託‐

世界最大の人材サービス企業であるアデコグループの日本法人のアデコ株式会社は、群馬県が実施する「地域人材育成のための就業体験事業」を受託し、18名の未就職者へ正社員としての就職に向けた支援を実施します。

アデコが行う支援事業は一時的な就職支援ではなく、職業人としての意識を向上させるとともに、エンプロイアビリティ(雇用される能力)を向上させるよう長期的な視点による就職支援プログラムであることが特長です。本事業を通してアデコが県の強化産業である製造業の発展に寄与してまいります。


世界最大の人材サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人材サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:奥村真介、以下「アデコ」)は、群馬県が実施する、緊急雇用創出基金を活用した「地域人材育成のための就業体験事業」を受託し、18名の未就職者へ正社員としての就職に向けた支援を実施します。
今回、3回目の受託となる本事業において、すでに約10名の方が企業へ直接雇用されています。その実績を活かし、本事業を通してアデコが県の強化産業である製造業の発展に寄与してまいります。

アデコが行う支援事業は一時的な就職支援ではなく、職業人としての意識を向上させるとともに、エンプロイアビリティ(雇用される能力)を向上させるよう長期的な視点による就職支援プログラムであることが特長です。

本事業では、対象となる求職者の方々をアデコの契約社員として採用し、ビジネスマナーの研修、およびアデコと契約を結んでいる群馬県内のものづくり企業で職場実習を行います。そこで、就職に必要な実践的な知識と技能の習得を促進し、就職を支援します。

【実施内容】
・2013年1月~2月 : 求職者向け説明会の実施、選考と採用
・2013年2月頃   : 基礎研修(社会人としての心得、ビジネスマナー研修、企業研究など)、職場実習先の決定
・2012年3月     : 各企業での職場実習(2013年3月31日まで)
             (補足: 当支援事業を受ける期間、対象者は基本給が支給され、社会保険は全員が加入)
・2013年4月~   : 企業と求職者の双方の合意のもと、正社員として就職


群馬県内における大学新卒者等の内定状況は、昨年よりも改善しているものの、依然として、厳しい雇用状況が続いています。そのような状況を打開するため、群馬県が実施した委託事業者の公募に対し、未就職者の就職支援に豊富なノウハウを持つアデコが選定されました。
アデコは2010年から、日本各地で若年層の方々への就職支援事業を実施し、これまでに2000名以上の未就職者の方々の就職支援を行ってまいりました。長年にわたり、未就業者への就業支援を行ってきた実績と地域企業との幅広いネットワークを生かし、今後とも、群馬県の雇用創出と若年者の就業体験を通じた人財育成に尽力してまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング