「新生ステップアッププログラム」の改定について

PR TIMES / 2013年5月31日 15時21分

~ 「新生銀行カードローン レイク」、「新生アプラス ゴールドカード」のお客さまにも「新生ゴールド」のサービスをご提供 ~

新生銀行は、同行グループが提供する無担保カードローンならびにクレジットカードをご利用のお客さまの利便性の一層の向上を図るため、平成25年6月1日(土)より、新生総合口座パワーフレックスのお客さまを対象とした「新生ステップアッププログラム」を改定し、「新生ゴールド」のステージ判定の条件として、「新生銀行カードローン レイク」ならびに株式会社アプラス(本社:大阪府大阪市、社長:野口 郷司)が募集・発行する「新生アプラス ゴールドカード」のご利用を追加いたします。

平成21年1月に開始した「新生ステップアッププログラム」では、お客さまのお取引状況に応じた3つのステージ(「新生プラチナ」、「新生ゴールド」、「新生スタンダード」)別に金融優遇サービスをご提供しております。従来のステージ判定は、主に、新生総合口座パワーフレックスにおけるお預け入れ総資産の月間平均残高や、新生銀行所定の投資商品の月間平均残高、パワースマート住宅ローンのご利用などに基づいて行っておりましたが、今般の改定により、新たに以下の条件を「新生ゴールド」のステージ判定条件として追加いたします。
●「新生銀行カードローン レイク」の前月20日時点でのお借入残高が1円以上で、ご返済口座として自動引き落とし口座に新生総合口座パワーフレックスをご登録いただいていること。
  (※ただし、お客さまのお取引状況によって、「新生ゴールド」の適用ができない場合があります。) 
●「新生アプラス ゴールドカード」の自動引き落とし口座に新生総合口座パワーフレックスをご登録いただき、前月27日(金融機関が休日の場合は翌営業日)のお引き落とし金額が1円以上であること。

「新生ゴールド」のステージでは、「新生スタンダード」に比べ、外国為替手数料が20%優遇されるほか、インターネットによる他行宛振込手数料が月5回まで無料(「新生スタンダード」の場合は月1回無料)となるなど、新生銀行のサービスをよりご利用いただきやすい環境をご用意しております。今回の改定により、「新生ゴールド」の条件について、資産運用からお借入まで、より幅広い選択肢をご提供することで、新生総合口座パワーフレックス、「新生銀行カードローン レイク」、「新生アプラス ゴールドカード」それぞれのお客さまに、利便性の高い金融サービスをニーズに応じて相互にご活用いただく機会を増やしたいと考えております。

当行では、平成25年4月にスタートした第二次中期経営計画において、新生銀行グループ各社の商品・サービスをニーズに合わせて自由にご利用できるお客さまの拡大を目指しております。今後も、新生銀行グループ間の連携をより一層強化し、個人のお客さまに対するさらなる利便性の向上と、より付加価値の高い金融サービスのご提供を目指してまいります。

以上


2週間満期預金について
●この預金は預金保険の対象です。●満期時のお取扱方法の変更は、店頭では満期日の前営業日まで、新生パワーコール(お電話)および新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)では、満期日の前日までの受付となります。なお、新生モバイルバンキングでは満期時のお取扱方法の変更はできませんので、ご注意ください。●本預金は普通預金ではありませんので、公共料金やクレジットカードの引き落としなどの決済には使用できません。また本預金は当座貸越の担保としてはご利用いただけません。●利息はお客さまが選択された満期時のお取扱方法に応じ、満期日に一括して支払われます。●店頭に説明書をご用意していますので、必ずご確認ください。●利息は源泉分離課税(国税15.315%、地方税5%)として課税されます。

外貨預金一般について
●外貨預金は為替変動により、外貨から円への交換比率(為替レート)が変わるため、外貨を円に交換した場合に為替差損が生じ、元本割れとなる可能性があります。また、円でのお預け入れ・お引き出しには為替手数料を含んだ当行所定の為替レートが適用されます。そのため、為替相場の変動がない場合でも、当初預け入れ時の円の元本を下回り元本割れとなります。●外貨預金は、外貨へ交換する際に為替手数料を含む当行所定のTTSレート(円貨から外貨への換算相場)やTTBレート(外貨から円貨への換算相場)が適用されます。●外貨預金は預金保険の対象ではありません。●外貨定期預金は原則として中途解約できません。●外貨現金のお取り扱いはありません。●外貨建て送金には別途手数料がかかります。●お申し込みの際には、店頭に説明書(契約締結前交付書面)をご用意していますので必ずご確認ください。

2週間満期外貨預金について
●本預金はお預け入れ時、元利継続型となります。後日、店頭、新生パワーコール(お電話)、新生パワーダイレクト(インターネット)で自動解約型に変更することもできます。元利継続型の場合、満期日に利息を元本に組み入れてその時点での2週間満期外貨預金の金利を適用して継続します。自動解約型の場合、満期日に元本・利息は新生総合口座パワーフレックスの預入通貨の普通預金に入金され、満期後は同普通預金店頭表示金利が適用されます。●利息はお客さまが選択された満期時のお取扱方法に応じ、満期日に一括して支払われます。●利息は源泉分離課税(国税15.315%、地方税5%)として課税されます。税引後の金利は、表示位未満がある場合はその単位を切り捨てて記載しています。●本預金は為替変動により外貨から円への交換比率(為替レート)が変わるため、外貨を円に交換した場合に為替差損が生じるおそれがあります。●円でのお預け入れ・お引き出しには為替手数料を含んだ当行所定の為替レートが適用されます。例えば新生スタンダードのお客さまの場合、1基本通貨あたり片道50銭、往復1円の為替手数料がかかります。そのため、為替相場の変動が無い場合でも、当初預け入れ時の円の元本を下回り元本割れとなります。●本預金は預金保険の対象ではありません。●本預金は中途解約できません。●外貨現金の取り扱いはありません。外貨送金には、別途送金手数料がかかります。●本預金のご利用にあたっては、商品説明書(契約締結前交付書面)をご確認いただき商品特性について十分にご理解の上、余裕資金によりご自身のご判断と責任にてお申し込みください。●商品説明書(契約締結前交付書面)は店頭またはインターネットで入手いただけます。

仕組預金一般について
●仕組預金とは、先物外国為替取引、金融等デリバティブ取引などと預金との組み合わせによる預金商品です。仕組預金には、為替相場等の市場変動に起因した元本割れリスク、原則中途解約できないことなどのリスクがあります。●お客さまから中途解約の申し出があり、当行がやむをえない事由と認めた場合、中途解約に応じることがありますが、その場合、中途解約に伴い発生する解約日から満期日までの当該仕組預金の再構築額およびそれに伴う諸経費を当行所定の計算により算出し、その算出額を損害金として当該預金元本より差し引いて払い戻しを行います。この結果、元本割れとなる場合があります。●円建て仕組預金は預金保険の対象です。ただし、利息等については、お預け入れ時におけるこれら預金の預入期間と同一の期間(預入期間が5年以上のものは5年)のパワーフレックス円定期預金の店頭表示金利 (ただし、キャンペーン金利や金額・ステージ・販売チャネル等に応じた優遇金利を除きます)までが預金保険の対象となり、それを超える部分は預金保険の対象外となります。外貨建て仕組預金は預金保険の対象外です。●お申し込みの際には、店頭の説明書(契約締結前交付書面)を必ずご確認いただき、商品内容を十分にご理解のうえ、自己の判断と責任においてお申し込みください。

投資信託一般について
●販売は新生銀行、運用は投信委託会社となります。●お申し込みの際には、目論見書(目論見書補完書面を含みます)を必ずお受け取りいただき、商品内容を十分にご理解のうえ、自己の判断と責任においてお申し込みください。●特に、投資信託は預金等ではなく、運用実績によっては投資元本を割り込むおそれがあること、お申し込み時に次の手数料などの費用がかかる場合がありますので十分ご確認ください。お申し込み時:申込手数料(最大3.15%)がかかります。運用期間中:信託報酬または管理報酬(最大年率3.0%)やその他信託期間中に発生する費用(監査費用、成功報酬、投資先ファンドにかかる費用等)がかかります。換金時:信託財産留保額(最大1.0%)や買戻し手数料(最大5.0%)がかかります。また外国投資信託ではそれ以外の費用がかかる場合があります。上記手数料等の合計額については、お客さまがファンドを保有される期間等に応じて異なりますので、表示することができません。各種数値は2013年5月31日現在、新生銀行で取扱中の商品におけるそれぞれについての最大値を明記しています。 商品ごとに手数料や費用は異なります。●外貨建てファンドにご投資いただく場合、外貨建てでは投資元本を割り込んでいない場合でも、適用される為替相場によっては、投資者は通貨リスクに起因する損失を被ることがあります。●投資信託は預金とは異なり、預金保険の対象ではありません。●目論見書(目論見書補完書面を含みます)は、新生パワーダイレクトや店頭で入手いただけます。郵送でもお届けします。●「交付目論見書」と「請求目論見書」が分冊となっている場合、「請求目論見書」はご請求いただいたお客さまにお送りしております。新生パワーコールまでご連絡ください。

保険商品一般について
●保険契約はお客さまと保険会社とのご契約となることから、保険契約の引受や保険金の支払は保険会社が行います。●契約締結前交付書面(契約概要/注意喚起情報)はご契約前に必ずご理解・ご確認いただきたい重要な事項を記載しております。「契約概要」は、保険商品の内容をご理解いただく上で必要な情報、「注意喚起情報」は、ご契約にあたって特にご注意いただくべき点をまとめてあり、これらをお読みいただくことが重要ですので必ずご確認ください。●その中でも保険金・年金などが支払われない場合(免責事由)など、特にお客さまにとって不利益となる事項については、十分ご確認ください。●保険商品は預金とは異なり、預金保険の対象ではありません。●現在お客さまがご契約されている保険契約を解約することを前提に保険商品をお申し込みされる場合、お客さまにとって不利益となることがありますので、十分ご注意ください。

金融商品取引および金融商品仲介サービスについて
●有価証券は銀行の預金ではありません。●有価証券は預金保険の対象ではありません。●有価証券は元本保証または利回り保証のいずれもなく価格変動リスクがあります。●投資した資産価値の減少を含むリスクは、有価証券をご購入のお客さまが負うことになります。●有価証券には、発行会社の信用リスクが存在します。●流通性の低い有価証券は価格変動が大きくなったり、売買ができない場合もあります。●新生銀行は、新生証券を委託金融商品取引業者とし、有価証券の売買の媒介を金融商品仲介業務として行います。●新生銀行は、楽天証券を委託金融商品取引業者とし、証券口座開設の申込の媒介を金融商品仲介業務として行います。●証券口座開設とは、新生証券または楽天証券に「証券口座」を開設することをいいます。●証券口座開設の受付は新生証券または楽天証券の所定の条件を満たすお客さまに限らせていただきます。詳しくは店頭または楽天証券カスタマーサービスセンターにお問い合わせください。●新生証券の証券口座開設後の株式売買等の金融商品取引はすべて、新生証券とのお取引になります。新生銀行は、注文の申し込みを受け付け、新生証券が受注・執行を行います。●楽天証券の証券口座開設後の株式売買等の金融商品取引はすべて、楽天証券へのご注文・お取引になります。●新生銀行が金融商品仲介業務として行う本金融商品取引サービスには、手数料等がかかる場合があります。手数料等は商品・銘柄・取引金額・取引方法等により異なり多岐にわたるため、具体的な金額または計算方法を記載することができません。また、新生証券のみでのお取扱い内容・手数料体系等とは異なります。

パワースマート住宅ローンについて
●お借入金額:500万円以上1億円以下(10万円単位)。お借入期間:5年以上35年以内(1年単位)。●ご融資の対象物件となる土地、建物に第一順位の普通抵当権または根抵当権を設定登記させていただきます。●店頭・新生パワーコール(お電話)・インターネットホームページにて商品説明書をご用意しています。●新生パワーコール(住宅ローン専用電話 0120-456-515 9時~19時/平日・土日・祝日も受け付けております(年末年始の休業日を除く))にてお借入金額や期限に応じた毎月の返済額を試算できます。●10年間特約つき変動金利タイプ、長期固定金利タイプは金利情勢等により、やむを得ずお取り扱いを中止する場合もございます。●金利は原則として毎月見直しを行いますが、金利動向によっては金利は月中でもその見直しを行うことがあります(ただし、変動(毎日変動型)タイプの金利は原則として毎日見直しを行います)。 この住宅ローンのご契約にあたっては、お客さまの借入金に適用される具体的な適用利率を必ずご確認ください。●この住宅ローンの実行日はお客さまにご選択いただきます。契約日から契約日の属する月の翌々月の最終営業日までの期間における当行営業日をご選択ください。●当行のパワースマート住宅ローンを既にご利用中のお客さまにつきましては、当行でお借り換えをすることはできません。●お申し込みにあたっては、当行所定の審査があります。審査の結果によってはお断りする場合もあります。

新生銀行カードローン レイクについて
貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。●融資額/1~500万円●貸付利率(実質年率)/4.5%~18.0%●利用対象/満20歳~65歳(国内居住の方)●遅延損害金(年率)/20.0%●返済方式/残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式●契約期間/5年(満了後、1年毎に自動継続)●必要書類(要審査)/運転免許証(ない方は健康保険証等)、収入証明(契約額100万円超の時)●担保・保証人/不要(新生フィナンシャル株式会社が保証)●株式会社新生銀行 本社 :東京都中央区日本橋室町2-4-3 お問合わせはTEL:0120-09-09-24●当行の契約する指定紛争解決機関「一般社団法人 全国銀行協会」連絡先「全国銀行協会相談室」TEL:0570-017109または03-5252-3772

新生アプラス ゴールドカードについて
●新生銀行は、新生アプラス ゴールドカードのお申し込みの取次ぎをいたします。●新生アプラス ゴールドカードは、お申込者と株式会社アプラスとの契約になります。●初年度年会費無料となりますが、次年度以降の年会費は5,250円(税込)、家族会員お1人につき1,050円(税込)となります。●原則として年齢20歳以上で電話連絡可能な方がお申込みいただけます。●年齢20歳以上であっても学生および専業主婦の方はお申込みいただけません。●カードのご入会に際しましては、所定の審査がございます。●キャッシングサービスができるカードの発行は1枚のみとなります。既にアプラスでキャッシング機能付きカード、またはローンカードをお持ちの場合は、後日キャッシングサービスをご利用するカードを1枚とさせていただくお手続きが必要となります。この場合は、当社からご案内通知をお送りさせていただきます。●審査によって年収証明書のご提出が必要となる場合がございます。必要な場合はアプラスよりご連絡いたします。●お問合わせは株式会社アプラス カスタマーサポート ナビダイヤル:0570-064-595(日曜・祝日・年末年始の休業日を除く9:30~17:30)


株式会社新生銀行/登録金融機関:関東財務局長(登金)第10号/加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会
株式会社アプラス/登録番号:近畿財務局長(2)第00810号 日本貸金業協会会員:第005541号

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング