改正派遣法施行後も、「日雇い派遣」で働きたい主婦を支援~ビー・スタイル、求人サイト 『しゅふJOB』を一部無料開放~

PR TIMES / 2012年5月31日 13時18分



 主婦に特化した人材サービスを展開する株式会社ビー・スタイル(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三原邦彦、以下ビー・スタイル)は、労働者派遣法改正後も「日雇い派遣」に対応する人材派遣会社に対し、自社が運営する主婦向け求人サイト『しゅふJOB』を一部無料開放いたします。

 ビー・スタイルでは、主婦層を中心に『法改正により「日雇い派遣」が原則禁止となること』についてアンケート調査を実施しました。その結果、「日雇い派遣」原則禁止に反対する声は64%と賛成の9%を大きく上回る結果となりました(※)。寄せられた「日雇い派遣」で働きたいという多くの声に少しでもお応えしたい所存です。


※ビー・スタイルしゅふ活研究室調べ 『日雇い派遣禁止に64%が反対!』
http://www.b-style.net/research/2012/05/64910.html

≪実際に寄せられた声より抜粋≫
単発派遣で働いていて、なくなってしまったら、生活ができません!/就職の選択肢がせまくなる/(日雇い派遣で働く理由は)親の介護をしているので/仕事に就けなくなりそう/派遣で紹介してもらえないと、それ以外に機会を見つけるのは難しくなる/母子家庭などにしわ寄せがありそう/急に働きたくてもなかなか仕事はありません/ますます、仕事に就けなくなると思います、など多数


【背景】
 2012年3月28日に可決成立した改正労働者派遣法により、30日以内の「日雇い派遣」は原則禁止となります。
 主たる生計維持者ではない主婦層や学生などは、例外として日雇い派遣での就業が認められる見込みですが、「一定以上の世帯年収がなければ日雇い派遣は認めない」といった案も出されており、日雇い派遣で働きたいと考える主婦層の就業選択肢が狭まることが懸念されています。
 厚生労働省が発表した国民生活基礎調査によると、1990年代を境に共働き世帯の数は専業主婦世帯の数を上回っており、家計は主たる生計維持者だけでは支えきれなくなっているのが現状です。

 創業以来一貫して主婦の雇用機会創出に努めてきたビー・スタイルでは、法改正後も家計補助を目的として「日雇い派遣」を利用したいと考える主婦層の就業先拡充を進めてまいります。


【支援内容】
1.求人サイト『しゅふJOB』において、人材派遣会社が主婦層向け「日雇い派遣」求人を掲載した場合、3ヶ月の間「5枠」まで無料で利用できるキャンペーンを実施します。
※申し込み期間: 2012年9月末まで。
※通常は2週間で12,000円の広告料金が発生(掲載課金タイプで6ヶ月未満の短期求人を掲載した場合)。
※キャンペーンについての問合せ先 TEL:0120-989-503 『しゅふJOB』担当宛て
※キャンペーンサイトURL:https://blue.tricorn.net/b-style/o.x?f=c299c0ca

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング